【カメラ】一眼レフ歴6年目にして、ついに脱初心者しました。


こんばんは

カメラ大好きtomoshooです。

欲しいものだらけです。

 

 

私、以前からずっとデジタル一眼レフで写真を撮っておりました。

使っていたのはこれ。

 


Canon EOS Kiss X3


キヤノンのKiss X3。

かれこれ使い続けて6年になりました。

 

 

Kissシリーズの最新機種だと、X8iというものが出ています。

デジタル一眼レフを始めたいって人にはオススメの機種で、

X3に比べると、びっくりするくらい性能が良くなってます。

まあ6年も前のカメラですからね。。。

 

 

そもそも、同じカメラを6年間も使い続けるってなかなかないのではないでしょうか笑

 

 

当時は何もわからずKissを購入したのですが、

今はカメラの最低限の基礎知識を学び、この機能によってどんな写真や動画が撮れるっていうのがなんとなく分かってくるようになってきました。

 

 

候補はいくつもありすごく悩んだのですが、結局買い換えたのはこのカメラ。

 

 

 

 


Canon EOS 80D


同じキヤノンから発売されている、EOS 80Dです。

Kissが初心者向けの機種であるのに対して、80Dは中級者向けのカメラです。

Kissシリーズに比べると、全体的に性能が良くなっています。

 

 


比べてみたよ


並べてみるとこんな感じ。

一回り大きくなっています。

重さも若干重くなりましたが、バッテリーの持ちも良くなっています。

 

 

 

 

前のカメラは本当にバッテリーの持ちが悪かったんですよねー。

 

 


ここがすごいよ80D


80Dには、メインの液晶ディスプレイに加えて、

撮影しながら設定を確認できるディスプレイがあります。

いちいち液晶ディスプレイを除くことなく、ここだけで設定を確認・変更できるんです。

 

 

背面には圧倒的に増えたボタン群。

前は機能の意味もわからず、全く使いこなせていませんでしたが

今はこのボタンがすごくありがたく感じます。超便利です。

 

 

そして買い替えの1番の決め手になったバリアングル。

先日のマジカルサクションの動画を撮っている時に、動画を撮りながらアングルとか確認できないと不便だなーって感じていたんです。

ワンルーム塗装に最強の塗装ブース。「マジカルサクション」で本格塗装を始めよう!

動画撮って、確認して、やり直して。。。

って何回もやってしまっていたんですねー。

 

動画コンテンツ自体にもすごく興味があるので、

バリアングルはとても重要な機能でした。

 

 

さらに画素数は充分にあったり、マイク用の端子が備わっていたりと

色々進化していて、6年のすごさを感じましたね。

 

 

まだまだ買ったばかりで使いこなせていませんが、

さらに進化した写真をお見せすることができればと思っています。

新カメラでの初完成版レビューはガオガイガーになりそうです。

 

 

ということで、新カメラになったtomoshooをこれからも宜しくお願いします。

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

食玩といえばあみあみ!

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category