【ミニプラ・ドデカイオー】完成版レビュー・合体編!!


こんばんは

正月ボケのtomoshooです。

早く年賀状書かないと・・・

 

 

ということで今回は、

ミニプラ・ドデカイオーの完成版レビューの続きをしていきます。

 

ドデカイオー単体の紹介はこちらをごらんください。

【ミニプラ・ドデカイオー】完成版レビュー・単体編!!

今回は、合体ギミックを中心に紹介していきます。

 

いきなりですが、合体です!!!

 

1〜10までのジュウオウキューブと、

4つのジュウオウキューブウエポンが合体します。

カメラに収めるのが大変でした。

コツコツと作ってきてついにここまできましたねー。

 

 

動物全合体して

ワイルドトウサイドデカキングに!!!

圧巻です。

ミニプラもついにここまできました。

これは食玩です。

 

スーパーで買えるお菓子のおまけなのです。

 

これはおまけなのです。

 

これはおまけなのです。。。。

 

 

反対側から。

戦隊ロボの魅力の一つとして、

意図していないうちに出来上がる謎の超絶ディテールがあります。

このロボの脚部がまさにそうです。

 

一見何の一貫性もない立方体の積み重ねが

この巨大な脚部を構成しています。

 

両サイドから。

関節部分は全て黒で塗装して劇中のスーツっぽさを演出しました。

縦も横も奥行きもバランスよくでかい。

 

ミニプラで言うのも何ですが、

大きいは正義だとひしひしと感じます。

 

 

肩の位置は、玩具版を再現したこの位置と、

 

 

肩の位置を上に付け替えることでいかり肩を再現した

2パターンがあります。

私は後者のいかり肩バージョンが好きなので全てこちらで撮影しました。

 

肩の装飾部分はプラ板を使ってディテールを再現しました。

胸部の金色部分のみ付属のシールを使用しています。

 

 

 

頭部の可動は、右にも。。。

 

 

左にも向くことができ、

若干顎を引くことができます。

これは完全に変形の恩恵ですね。

 

 

 

 

肩も肘も可動軸があり、ちゃんと動きます。

もうラスボス感がすごい。

というか絶対ラスボスです。

 

 

脚部のアップです。

ごらんください。

この脚部の何か仕込んでそうなディテールを。

このディテールの多さにもかかわらず、

ワイルドトウサイキングとして脚部にギミックは全くないんです笑

 

戦隊ロボはあくまで合体・変形を楽しむものなのです。

このロボ単体のギミックが少なくたって全然いいのです。

 

これまでのロボの合体変形ギミックが、

ワイルドトウサイドデカキングのディテールを作り上げているのです。

 

 

お次は大きさ比較です。

一度制作前に比較の記事を書いているので、

【ミニプラ・ドデカイオー】本当に過去最大!?最近の最終ロボと背比べしてみた!

今回は簡単に比較してみます。

 

マイクロ合体のワイルドトウサイキングと並べてみました。

同じロボだとは思えません。

マトリョーシカにしてもちょっと順番飛ばしすぎですね。

 

 

お次はおなじみhe君と。

倍以上の身長差があります。

ミニプラ史上最大とはこういうことなのです。

 

 

ただ立ってこちらを見ているだけでこの迫力です。

ハの字型の脚部を実現できたスペーサーの存在は偉大です。

 

 

肘が曲がるので、

劇中のような戦っている感じも再現可能です。

ほんとラスボスにしか見えないんですよね。。。笑

 

 

こんな感じで並べてみると、he君が子分にしか見えません。

これでも標準的なフィギュアのサイズなんですけどね。

 

 

最後はサムネで

これで完成版レビューは以上です。

発売から約2ヶ月ほど経ってしまいましたが、

ついに完成させることができました。

 

地味ながら色々な箇所を改修していきましたが、

どれも地味に効果的で本当にやってよかったと感じました。

 

単体でも合体でも最高に出来の良いドデカイオー。

あなたも手にとって、重量感を体感してみてはいかがでしょうか!

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

食玩といえばあみあみ!

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category