【ミニプラ・ゲキトージャ】過去最高の可動域!完成版レビュー!


こんばんは

やっとゲキトージャの完成版レビューができて嬉しいtomoshooです。

ついにお披露目です!

 

ということで今回は、

ミニプラ・ゲキトージャの完成版レビューをしていきたいと思います!!!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-10-22-27-57

アクション満載でいきます!!

 

 

ゲキトージャの改修箇所はこちらの記事をご覧ください!

【ミニプラ・ゲキトージャ】改修箇所紹介!!!

300円×3種類で発売されたキットです。

 

まずは3体のゲキビーストを紹介していきます。

img_15262

全部ネコ科です。

 

 

まずはゲキタイガー。

img_15302

トラモチーフのゲキビーストです。

全身にある黒の模様がかっこいいです。

マスキングは鬼のように大変でした笑

 

反対側から。

img_15362

しっぽ部分はDX版だと塗り分けされていないんですよね。

 

頭部のアップです。

img_15372

頭部の銀色の部分を削り込んだため、より劇中に近い印象になりました。

拳や胸部は、シルバーの上にクリアオレンジをオーバーコートすることで

独特の質感を表現しました。

 

ゲキタイガーはゲキトージャの上半身そのままなので、

可動域はかなりあります。

img_15392

とびかかるポーズも難なく再現可能です。

 

襲い掛かる直前的な。

img_15442

ただ、口を開くとゲキトージャの顔が出てくるため、

開くことが出来ないのが残念です笑

 

 

お次は、ゲキチーターです。

img_15692

チーターモチーフのゲキビースト。

黄色を均一に発色させるため、下地にはかなり気を使いました。

 

 

反対側から。

img_15702

黄色の斑点模様の塗り分けは本当に大変でした。

黄色じゃなければもう少し楽なんですけどね。。。

 

可動域はこんな感じです。

img_15732

ちゃんと口も動きます。

ゲキタイガーに比べると控えめ可動です。

とはいえ十分に動くんですけどね。

 

 

最後はゲキジャガー。

img_15672

ジャガーモチーフのゲキビーストです。

 

反対側から。

img_15642

頭部からしっぽにかけての局線がとてもきれいです。

ゲキレンジャーは総じて曲線的で有機的なデザインが多いですね。

 

 

頭部のアップです。

img_15582

サングラスをかけてます。

さらにこのサングラスは別パーツとなっているため。。。

 

上にあげることが出来るんです。

img_15612

イケメンな顔が出現します。

 

可動域はゲキチーターと同じくらいですね。

img_15622

こちらも口は可動します。

 

 

ということで、3体のゲキビーストが合体して

ゲキトージャになります!

img_15012

他の戦隊ロボとは一線を画した、独特のデザインです。

模様も含めて全体的に曲線的であり、

なめらかなシルエットがすごく印象的です。

 

 

背面から。

img_15052

武器である檄節棍(ゲキセツコン)を背中に取り付けることが出来ます。

それにしてもネコ科の動物だけで合体って珍しいですよね。

 

 

ゲキトージャの可動域については、

こちらの記事でまとめていますのでご覧ください。

【ミニプラ・ゲキトージャ】驚異の可動域!可動域レビュー!

 

 

ゲキトージャにはギミックがありまして、

脚部の後ろ側から見た部分が。。。。

img_16442

 

カパッと開くんです!!!!!!

img_16432

そして、その中には平手バージョンの手が格納されているんです!!!

なんですかこのポージングに対するこだわりは!!

 

そしてちゃんと格納できて余剰パーツゼロというところにも

戦隊ロボらしいこだわりを感じられます。

 

もちろんDX版にはこのようなギミックはありません。

 

ゲキトージャに付属している手を並べてみました。

img_15932

平手の造形がまた細かいんですよねー。

このおかげで、ポージングの幅がかなり広がっています。

 

 

このような、拳法らしいお決まりのポージングも可能です。

img_15902

 

両方平手にすることで合掌も可能です。

img_15942

たくましい腕がかっこいいです。

私もこんな腕が欲しいものです。

 

 

下半身の可動が特に優秀なので、

こんな低い体勢でのポージングをさせても安定します。

img_15982

拳法っぽくていいですよねー。

img_16262

拳を交換するだけでもかなり印象変わります。

 

 

首もかなり上を向かせることが可能なので、

こんな感じの飛びかかるようなポージングも可能です。

img_16002

躍動感を演出できます。

 

 

更にゲキトージャの可動で

最も驚くべきポージングがこちらです!!!!!

img_16162

まさかの、

 

「片足立ちをしたうえで直立できる」

 

という、他のミニプラではありえないポージングが可能となっています。

 

股関節の柔軟さに加えて、

脚部の安定性があるからこそできるポージングです。

 

 

 

別のアングルから見るとこんな感じになっています。

img_16182

片足立ちをしていながら、

ちゃんとバランスが取れているのがお分かりでしょうか。

 

 

 

上段蹴りをさせても、スタンドなしで自立することが可能です。

img_16312

ゲキトージャ、

遊びごたえがあり過ぎます。

いくら写真撮っても終わらないです笑

 

 

お次は武器の紹介です。

それぞれのビーストの尻尾が合体して檄節棍となります。

img_16392

よく知らなかったのですが、

3節という武器がモチーフみたいですね。

ちなみにヌンチャクは2節棍らしいです。

 

 

檄節棍は、6つのパーツから構成されており

それぞれのパーツはボールジョイント接続であるため、

かなり柔軟に形状を作ることができます。

img_16342

 

 

ゲキトージャの可動域も合わさり、

この武器を持たせてもかなり色々遊べるんですよね。

img_16372

 

どんな姿勢にしても安定して自立できちゃうのが本当にすごいです。

img_16382

 

 

立膝をつくことももちろん可能。

img_16422

気づいたらゲキトージャだけで二時間以上撮影してましたからね笑

 

 

ということで最後は上半身のアップで。

img_16212

ゲキレンジャーらしいポージングで決めてみました。

 

ゲキトージャの完成版レビューは以上です。

ゲキレンジャーのミニプラは合体バリエーションが少ないせいなのか

オークションなどでも比較的安価に入手出来る1号ロボなのですが、

正直ちゃんと作ってやるとプレイバリューが半端ないことに気づかされると思います。

 

合体や変形ギミックが単純なぶん、

可動やポージングに全力を注ぎましたって感じで、

撮影していてすごく楽しいキットでした。

 

改修箇所も少ないと思いますので、

是非入手して組んでみてはいかがでしょうか!

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

旧ブログはこちら。
私もよく使ってます!

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Archive

Category