【ミニプラ・ゴセイグレート】素組みレビュー!!


こんばんは

次の戦隊シリーズが早くも楽しみなtomoshooです。

ロボの動く姿が見たいです。

 

ということで過去作品紹介新シリーズです。

次の戦隊シリーズが星座モチーフということで、

「星」つながりでゴセイグレートです。

 

2010年に300円×4種類で発売されました。

 

過去シリーズの中では、比較的安易に入手できるシリーズだと思います笑

とは言っても、ミニプラの出来は侮ってはいけません!!!

ぶっちゃけ、かなりかっこいいです。

 

ということで素組みレビューやっていきます!

まずは分離状態。

撮影環境がちょっと古いですね笑

 

それぞれ見ていきます。

 

が、

 

撮影当時なぜかゴセイタイガーのみ撮影し忘れているので、

それ以外を紹介していきます笑

 

まずはゴセイドラゴン。

口はちゃんと開きます。

あとは、羽が上下に動くくらいですかね。

 

 

お次はゴセイフェニックス。

可動は口が動くくらいです。

 

 

お次はゴセイシャーク。

こちらも口が可動。

それ以外の可動はありません。

 

 

ゴセイタイガーを飛ばしまして(笑)、

 

最後はゴセイスネーク。

これまでのゴセイマシンとは対照的にめちゃめちゃ動きます。

まあこれは変形の恩恵ですね。

 

口も当然開きます。

 

あとは、全体的にモナカです。

大体のパーツは合わせ目消しをしないといけません笑

 

パーツ分割による色分けも基本的にはされていません。

 

 

5体のゴセイマシンが合体して、ゴセイグレートになります。

あまり人気のないゴセイジャーですが、

ゴセイグレートの出来はめちゃめちゃ良いんですよね。

 

 

プロポーションは完璧、

可動域も十分にありますし、

股関節の構造がすごくちゃんとしているのです。

 

ゴセイグレートの股関節構造であれば、基本的にヘタれることはないと思います。

 

更に足首関節が付いており、かなり足を広げることができるんですね。

それは完成版レビューの時に紹介します。

 

 

肩関節は前後に若干動かすことができるために、

胸を張ったポージングが可能です。

更に頭部はボールジョイントなので、顎を引くことが可能です。

当時は素組み状態ですらかっこよくてずっと眺めてました。

 

 

武器は、ゴセイドラゴンの首と尻尾が合体して完成するドラゴンソードです。

大きくてかっこいいのですが、ご覧の通りがっつり肉抜きされているんですよね。

ここは当時大きな課題でしたね。

 

ということで素組みレビューは以上です。

ゴセイグレートはプロポーション可動域ともにかなり優秀だったので、

肉抜き穴埋めや簡単なディテール追加程度で済みましたね。

 

それも次回以降紹介していきたいと思います!

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

旧ブログはこちら。
プレミアム バンダイ

Search

Archive

Category