【ミニプラ・コンドルワイルド】サフチェック後の補修について


こんばんは

サフ後のパーツチェックがやっと終わったtomoshooです。

パーツ数が多いので、丁寧に見ていくと結構大変です。

 

 

ということで今回はコンドルワイルドについてです。

 

こんな感じにサーフェイサー吹きが終わったのですが、

img_19472

 

 

肉抜き穴埋めを行った裏側はこんな感じになっています。

img_19482

よく見てみると、表面に余計な段差があったり、穴が埋まっていないのが確認できると思います。

 

肉抜き穴埋めを行ったパーツの表面は

プラスチックやパテや瞬間接着剤が混在しているため

サーフェイサーを吹く前はちゃんと表面処理できているかわかりづらいんですよね。

 

 

 

 

サーフェイサーを吹いて色を単一にすると一気に修正箇所が浮き彫りになります。

img_19492

ということで、表面がガタついている箇所は荒い番目からやすりがけ仕直し。

穴埋めすべき箇所は瞬間接着剤を流し込んで一瞬で固めることで修正完了です。

 

 

 

ということで、一通り修正完了し終わったのがこちら。

img_19502

先ほどのような小さな穴を埋めるには、

効果時間のかかるパテを使うよりも

瞬間接着剤を使ったほうが圧倒的に早く終わっておすすめです。

 

 

もう一度サフ吹きをして、問題なければ本塗装に入ります。

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ


About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

旧ブログはこちら。
プレミアム バンダイ

Search

Archive