【スーパーミニプラ】戦闘メカ ザブングル 素組みレビュー!


こんばんは

今日はほとんど寝ていたtomoshooです。

たまにはこんな日もあります。

 

 

ということで今回は、スーパーミニプラの記念すべき第1作目となる

スーパーミニプラ 戦闘メカ ザブングル

の素組みレビューをしていきます!

img_25012

外箱はザブングルの特徴を捉えたシンプルなデザイン。

 

 

箱の中にはこの4つの箱が入っています。

img_25022

箱のデザインは全て同じです。

 

 

箱も見ていきます。

img_25032

表紙はイラストではなく、写真ですね。

 

 

反対側から。

img_25042

側面にはスペック、裏面には遊び方一覧が載っています。

 

 

ということで組み立てたものを紹介していきます。

まずはブングル・スキッパー。

img_25312

ザブングルの上半身を構成する機体です。

スーパーカーのような見た目。

 

 

反対側から。

img_25322

基本的に余剰パーツあり・差し替えでの再現なので、デザイン的な破綻はありません。

 

 

変形してスキッパー飛行形態に。

img_25332

この変形は余剰パーツ・追加パーツなしで行えます。

 

 

反対側から。

img_25342

羽根部分に入っているモールドがかっこいいです。

 

 

お次はザブングルカーのカーゴ部分。

ザブングルの下半身を構成する機体です。

img_25352

見事な箱です。

 

 

反対側から。

img_25362

ザブングルの下半身部分にすっぽりカバーパーツを被せる感じで再現します。

 

 

ブングル・スキッパーと連結してザブングル・カーに。

img_25372

ちなみに、コロ走行はできません。

 

 

反対側から。

img_25392

カーというか、トレーラーって感じですよね。

 

 

 

ザブングル・カーには、武器を全て取り付けることができます。

img_25402

これはなんか強そうでかっこいい!!

 

 

反対側から。

img_25422

側面のハンドキャノンはこちら側にも取り付けることができます。

 

 

武器てんこ盛りです。

img_25412

めっちゃ重たそう。。。笑

 

 

カーゴ部分は変形して、ブングル・ローバーになります。

img_25432

こちらは飛行形態ですね。

戦闘の操縦席部分は丸々追加パーツです。

羽根の部分は追加パーツ+差し替えで展開している感じを表現しています。

 

 

反対側から。

img_25442

足裏のディテールが素敵です。

 

 

 

 

ブングル・スキッパーとブングル・ローバーが変形・合体してザブングルになります。

img_25472

プロポーションかなり良いです。

頭部・胸部・太もも部分は別パーツへの差し替えでの再現となっています。

 

 

 

反対側から。

img_25462

背面にも、ちゃんとディテールが入っていますね。

特に胴体あたりのディテールがかっこいいです。

 

 

 

上半身のアップです。

img_25482

胸部の黄色い部分は塗り分ける必要がありますね。

あと頭部のクリアパーツも挟み込んで接続する方式なので、

全塗装する場合は後ハメ加工する必要がありますね。

 

 

上半身の可動域はこんな感じ。

img_25502

変形の恩恵で、肩関節がかなり上まで可動するため

思った以上に可動域が広いです。

頭部はボールジョイントで、肘は1軸可動です。

 

 

 

下半身のアップ。

img_25492

フロントスカートの赤い部分が別パーツになっているのはすごいです。

太ももは、根元部分に回転軸があるのでよく動きます。

 

 

可動域はこんな感じ。

img_25512

足首が綺麗にパーツ分割されており、かなり深く曲げることができます。

これは本当にすごいですね。

ひざの可動はそこそこって感じです。

 

 

 

手首のバリエーションはこれだけあります。

img_25542

左から、

平手・ライフル用の握り手・ハンドキャノン用の握り手です。

イデオンと違って通常Verでこれだけ手首が揃うのは嬉しいですね。

 

 

背面を別パーツと交換することでジロン機バージョンを再現することができます。

img_25552

羽根のないバージョンです。

 

 

後ろから見るとこんな感じ。

img_25572

ちゃんと羽根のあった部分にディテールが追加されているんですよね。

 

 

お次は武器紹介。

まずはライフル。

img_25582

 

 

肩関節がかなり動くので、ポージングが決まりやすいです。

img_25602

 

 

お次は4連ハンドキャノン。

img_25632

 

ポージングさせるとこんな感じ。

img_25652

これ、持ち手接続部分がめっちゃ細いので取り扱い要注意です。

ちなみに私は撮影中に折っちゃいました笑

 

 

両手にライフルと4連ハンドキャノン、

肩に3連バズーカと9連ミサイルポッドを取り付けて武器全装備です。

img_25662

武器が4つも増えたので全体的なボリュームが増しましたね。

この時羽根は折りたたんでます。

 

 

反対側から。

img_25672

肩に取り付けている武器は、

どちらもモナカ構造なので、合わせ目消し必須ですね。

 

 

全発射的な。

img_25692

迫力があります。

 

 

 

 

お次は小型ウォーカーマシンの紹介。

まずはトラッド11。

img_25702

普及機の小型ウォーカーマシンです。

 

反対側から。

img_25712

腕部分は合わせ目が目立つのですが、

意外と目立つ箇所が少なく、よくできてます。

 

 

可動はこんな感じ。

img_25722

小さいのに全身フル稼働です。

腕のロール軸がないのが残念ですが、それ以外はよく動きます。

 

 

お次はギャロップ。

img_25732

曲線的なデザインが特徴的です。

 

 

反対側から。

img_25742

お尻の部分は荷台的な役割があるのでしょうか。

膝の逆関節が可愛らしいです。

 

 

トラッド11同様、可動は結構あります。

img_25752

足首もボールジョイントで、設置も抜群です。

 

 

最後はホバギー。

ホバーするバギー的な存在なのでしょうか。

img_25762

スタンドに取り付けてることで自立します。

 

反対側から。

img_25772

スタンドを含めて3つのパーツで構成されており、合わせ目は全くありません。

 

 

ということで全てのパーツを並べてみました。

img_25782

こうして並べてみると結構ボリュームありますね。

武器を含めた余剰パーツはかなりあります。

 

 

 

紹介はこれで以上です。

スーパーミニプラの第一弾ということで大好評だったザブングルを紹介していきました。

プロポーションは見事で、どんなポージングさせてもカッコよく決まります。

変形の恩恵もありますが、肩関節が柔軟に可動するのがかなり効いていますね。

 

変形も大胆な差し替えで劇中の形状をかなり再現できていると感じました。

余剰パーツが多いのは仕方ないですね。

 

 

イデオンに比べると、目立つ合わせ目が多いように感じました。

そこは進化したということなのでしょうか。

 

 

少し気になった点としては、

肩のボールジョイントが特に外れやすいということ。

少し動かすだけですぐ外れてしまいます。

これは、再販版では改良されているみたいですね。

 

 

あとは、

4連ハンドキャノンの持ち手の接続が非常に脆いということ。

特に乱暴に扱ったつもりはなかったのですが、

撮影中に破損してしまいました。

持ち手と武器との接続部分が特に細ので

取り扱いには注意ですね。

 

 

12月に再販版が発売されますが、

どこがどう変わっているか気になるところではあります。

 

再販版はこちらです。

 

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ


About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

旧ブログはこちら。
プレミアム バンダイ

Search

Archive