【ミニプラ・ガオキング】肉抜き穴埋め箇所一挙紹介


こんばんは

相変わらず1日が24時間じゃ足りないtomoshooです。

36時間くらいになってくれませんかね笑

 

 

ということでガオキングの改修紹介していきます。

今回は、肉抜き穴埋め箇所を一気に紹介します。

 

まずはガオバイソンの角の裏側。

img_30142

しっかり穴埋めしました。

 

 

新造した股関節は、クリアランス調整で幅を削っていたので

その分の肉抜き穴埋めをしています。

img_301622

裏側も同様に行ってます。

 

 

脚部も穴を埋めて元の形に成形し直しました。

img_30172

ここけっこう目立つ箇所です。

 

 

太もも部分はプラ板やポリパテなどを使い分けて穴を埋めています。

img_30192

ここが結構面倒くさかったですねー。

 

 

足はそれぞれ埋めています。

img_30282

ここはパーティングラインが尋常じゃないくらいひどかった記憶があります。

 

 

 

ガオタイガーの顎の穴も埋めています。

img_30202

ここ、結構目立つんですよね。

エレファントを持たせる時に使うのですが、

見栄え重視で埋めました。

いつか作るときがあったら、その時にまた合体ギミックは考えます。

 

 

地味ですが、ガオタイガーの足の内側も

img_30212

img_30222

折れやすい箇所なので、破損には注意です。

 

 

 

シャークも顎とひれの不必要な穴を埋めています。

img_30232

丁寧に埋めました。

 

 

 

フィンブレードの内側も埋めています。

img_30262

 

 

 

ガオイーグルの足も、内側を穴埋め。

img_30242

 

 

 

ガオライオンの後ろ足も埋めています。
img_30302

本来だと前足も埋めないといけなかったのですが、

ディテールアップパーツのおかげで埋めなくて良くなりました^^

 

肉抜き穴埋め箇所はこんな感じです。

あとは、細かなディテールアップだけです。

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ


About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

旧ブログはこちら。

Search

Archive