【ミニプラ・ゲキトージャ】驚異の可動域!可動域レビュー!


こんばんは

ミラーレスが欲しいtomoshooです。

欲しい、欲しすぎるぜ!!!

 

 

ということで今回は、

ゲキトージャの可動域を紹介していきたいと思います。

なぜわざわざ可動域を紹介するかと言いますと、、、、

 

 

 

ゲキトージャ、可動がすごいんです。

 

食玩でここまでやるかっていうくらいの可動なんです。

 

 

ジュウオウジャーは可動がすごいすごいとよく言われますが、

その比じゃない可動域なんです。

 

ということで、上から順番に紹介していきます。

 

頭部は軸回転に加えて

変形の恩恵もあり、ここまで上を向くことができます。

img_16012

 

 

肩関節は引き出し式になっています。

img_15952

そのおかげで腕をかなり前に出すことができます。

 

 

引き出し式関節のおかげで、前で合掌することも可能です。

img_15942

腕は肘関節に加え、ロール軸もあります。

手首も当然回転します。

 

 

 

 

 

お次は胴体の可動についてです。

img_16082

 

 

胸部と下腹部が別パーツになっており、

胸から上を独立して可動させることができます。

img_16102

更に胸部を若干前に倒すこともできます。

 

 

お次は股関節です。

img_16112

股関節はかなり独特な構造をしており、

他のミニプラとは比較にならないほどの柔軟性があります。

 

 

脚部を一番外側に広げた状態がこれです。

img_16132

 

 

さらに脚部をここまで内側に寄せることができるんです。

img_16122

 

開脚も難なくこなせます。

img_16332

 

 

膝関節は、まさかの2重関節でここまで曲がります。

img_16022

余裕で90度以上曲がるんですよね。

 

 

反対側ももちろん同様です。

img_16032

 

 

足首にもちゃんと可動箇所があります。

一番右に傾けるとこんな感じです。

img_16142

 

 

一番左に傾けるとここまで曲がります。

img_16152

もちろん反対側の足首も同様に可動します。

 

可動箇所はこんな感じです。

頭から足首まで、フル可動なゲキトージャなのですが

 

これ全部無改修なんです!!!!!

素組みでこの可動域を実現できるなんて、

ほんとにゲキトージャはすごすぎるんですよね。

最近のアクションフィギュアに勝るとも劣らないレベルです。

更に合体変形もこなすんですから、

むしろ圧勝かもしれませんね笑

 

 

ということで、ざっとですが

改修箇所と可動域について紹介していきました。

 

 

次回は、これを踏まえたうえで

合体・変形・ポージングをちゃんと紹介していく、

完成版レビューをしていきたいと思います!!

 

それでは~ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

旧ブログはこちら。
私もよく使ってます!

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Archive

Category