【ミニプラ・ジュウオウワイルド】完成版レビュー!!


こんばんは

もっとミニプラをいろいろな人に知ってもらいたいtomoshooです。

ミニプラ親善大使のお仕事ください。

 

ということで今回はジュウオウワイルドの完成版レビューです。

 

素組み状態はこちらの記事をご覧ください。

【ミニプラ・ジュウオウワイルド】素組みレビュー! !

 

 

制作過程はこちらでまとめています。

【ミニプラ・ジュウオウワイルド】制作過程まとめてみました!

 

 

まずはキューブモードと動物モードを紹介していきます。

まずはキューブモードから。

img_03462

4、5、6とキューブウエポン共通の!が刻印された4つのキューブです。

 

 

それぞれのキューブを紹介していきます。

まずは、キューブエレファント。

img_03552

ジュウオウエレファントのキューブです。

 

 

反対側から。

img_03562

まんま足です。

 

 

正面から。キューブナンバーは4です。

img_03572

複雑な構造ながら正方形にまとまっています。

ディテールもかなり細かいですね。

 

 

変形して動物モードに。

img_03922

斜めに色々回転させることでゾウになります。

 

 

反対側から。

img_03932

素組みだとこのアングルでは肉抜きがとても目立つので、

ガッツリ埋めています。

 

 

ガイアカラーのジャーマングレーがほんと良い色してます。

img_03882

 

 

可動はほどんどありませんが、頭部周辺は割と動きます。

img_03902

 

 

お次はキューブタイガー。

img_03592

ジュウオウタイガーのキューブです。

 

 

反対側から。

img_03602

中央付近はガッツリ肉抜き穴埋めをしています。

合体時に干渉することを忘れて読者の方々に指摘していただいたのは良い思い出です笑

 

 

正面から。キューブナンバーは5です。

img_03582

数字のモールドは素組みだとディテールが省略されていたため、

プラ板を切り貼りすることで劇中のディテールを再現しています。

 

 

変形して動物モードに。

img_03942

モチーフはトラですね。

 

 

反対側から。

img_03952

側面のディテールがものすごいです。

尻尾や足の内側は肉抜き穴埋めをしています。

 

 

肩の、ビッグタイガークローはちゃんと可動します。

img_03992

足とは別に爪があるってちょっと違和感があります。

 

 

お次はキューブゴリラ。

img_03612

ゴリラってかっこいいですよねー。

本物の動物の話です笑

 

 

反対側から。

img_03632

このアングルものすごいゴリラですね。

 

 

正面から。キューブナンバーは6です。

img_03622

 

 

変形し、ビッグワイルドキャノンを持たせて動物モードに。

img_04002

動物モードの中では一番ボリュームがあります。

 

 

反対側から。

img_04022

側面は穴埋めだけでなくスジ掘りを施しており、

違和感のないように仕上げました。

 

足裏や腕の内側も肉抜きを埋めてやると見栄えが良くなると思います。

 

 

最後は、「!」のキューブモグラ。

img_03732

 

 

反対側から。

img_03722

このキューブもきれいにまとまってますねー。

 

 

大きさは、キューブキリンと同じくほかのキューブよりも一回り小さめです。

img_03762

 

 

変形して動物モードに。

img_03772

先端のドリルがいい色に仕上がりました。

 

 

反対側から。

img_03782

製造番号の刻印は、プラペーパーを用いてそれっぽく処理しました。

 

 

動物モードでずらっと並べてみました。

img_04062

どれも立方体から変形したとは思えないバリエーションです。

 

 

キューブモードで、巣組状態と比較してみました。

beforeafter12

頑張ってよかったと思える瞬間です笑

 

 

 

 

お次は、合体です。

4、5、6の3つのキューブが合体します。

img_03672

 

 

合体してジュウオウワイルドに。

img_04112

マッシブな2号ロボです。

DXに比べて全身に関節が加わり、ポージングしやすくなっています。

 

 

バックショットです。

img_04122

足の分割はよくぞやってくれたといった感じです。

背面もディテールは細かいですねー。

 

 

横から。

img_04152

マッシブでいいですねー!!!!

 

ジュウオウキングよりも若干塗り分けが大変でしたね。

とはいえ、歴代のミニプラに比べると圧倒的に塗装楽でした!!!!

 

 

真正面から。

img_04162

箱の写真と同じアングルですね。

全塗装しているので、質感もよくなったのではないでしょうか。

 

 

可動も抜群で、躍動感のあるポージングが可能です。

img_04312

 

 

膝のクローを出すことも可能です。

img_04322

実はクローの内側は表と同じようになるように

肉抜き穴埋めとスジ掘りを施しています。

 

 

 

ワイルドキャノンを持たせて。

img_04192

 

 

銃を持たせてもキマります。

img_04202

 

 

キューブウエポンのドリルモグラを持たせて。

img_04242

 

 

マッチョなジュウオウワイルドにはドリルが似合いますねー^^

img_04262

 

 

 

佇む感じで。

img_04282

渋いです。

 

 

まさかの頭部はボールジョイントでそこそこ動くので、若干上を向かせること

も可能なんです!

img_04272

キャンディトイ事業部すごいです。マジで。

 

 

ポージングが何かとキマります。

img_04292

ところどころに配色されたゴールドがいい味出してるんですよねー。

 

 

当然キリンバズーカを持たせることも可能です。

img_04302

 

 

劇中と同様に、ジュウオウキングと下半身を交換することもできます。

img_04352

皆様のご指摘のおかげで無事合体できました笑

ちゃんと劇中の合体を再現できるのは嬉しいですね。

 

 

 

ということで現段階での全合体です!!!!

img_03532

1から6までのジュウオウキューブと

2つのジュウオウキューブウエポンが全て合体します!!!!!

img_03762

 

 

合体してワイルドジュウオウキングに。

img_04412

 

 

縦にも横にもバランスよくボリュームアップしており、プロポーションも破た

んしてません。

img_04392

可動に関しては、下半身は相変わらずよく動きます。

しかし上半身は、腕を横に若干あげられる程度でほとんど可動はありません。

 

 

ということで、公式でも紹介されていた合体方法にアレンジしてみました。

img_04552

両側にジュウオウゴリラの腕を取り付けることで、左右のバランスが良くなり

更にひじ関節を追加することが出来ました。

 

 

背面から。

img_04482

この合体方法にしても、特に違和感は感じないと思います。

 

 

両サイドから。

img_04472

img_04462

迫力もすごいですけど、全身の情報量がすごいです。

 

 

上半身のアップです。

img_04532

両肩の階段模様がかっこいいです。

左右で色が逆になっているんですよね。

 

 

素組み状態のジュウオウワイルドと比較してみました。

beforeafter2(2).jpg

重厚感が増して高級っぽく仕上がったのではないでしょうか。

 

 

最後はジュウオウキングと並べて。

img_04362

統一感があってよいですね。

 

ということでジュウオウワイルド完成版レビューは以上です!!!

 

可動のこだわりや、今までにないパーツ分割で注目されている

ジュウオウジャーシリーズのミニプラですが、

これを参考に皆様も全塗装に挑戦してみてはいかがでしょうか!

 

 

些細な質問でも答えていきますので、コメント欄からどうそー!

それでは~ノシ



About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

旧ブログはこちら。
プレミアム バンダイ

Search

Archive

Category