【スーパーミニプラ・無敵将軍】100均にあるもので激安お手軽メッキ剥がしやってみた!【TIPS】


こんばんは

1人でめちゃめちゃテンション上がってたtomoshooです。

実験みたいで楽しかったです。

 

 

ということで無敵将軍の改修やっていきます。

今回はこちら!!!

火炎将軍剣と、胸部の「忍」のパーツです。

 

DX版を忠実に再現しているため金メッキ加工されているのですが、私の目標は劇中の無敵将軍。

 

 

劇中ではギラついているというよりも重厚感のある落ち着いた色味ですし

他と色味を合わせるという意味でも、金メッキを剥がしていきたいと思います!!!

 

 

ちなみにメッキ剥がしの方法としては、

市販のメッキ剥がし専用のはがし剤を使うというものがあります。

ですが値段が結構高いですし、私の場合はメッキ剥がしをする頻度ってほぼゼロです。

今後も多分片手で数えられるくらいしかメッキを剥がすことはないと思います。

 

 

 

ということで今回は。。。

 

 

 

100円ショップで揃うものを使ってメッキを剥がしていきます!!!

 

ちなみにメッキ剥がしは初挑戦だったので、事前にかなり勉強してから臨みました。

 

 

 

 


メッキ剥がしってどうやるの?


まずはメッキ剥がしの方法を簡単に解説。

 

 

メッキ加工されたパーツの表面はこんな感じになってます。

プラスチックから順に、クリア、銀メッキ、クリアイエローの3層構造になっているんですねー。

「メッキ剥がし」では、これら3層のコーティングを上から順番に取り除いていく必要があるんです。

 

 

各層毎の剥がし方はこの通り。

①のクリアイエローと③のクリアはラッカー用の溶剤を使って剥がし、

②の銀メッキは演奏系漂白剤を使うことで落とすことができます。

 

 

今回は金メッキで、クリアイエローでコーティングされていましたが、

銀メッキの場合は②と③のみで良い場合もあります。

 

 


実際にやってみよう!!!


ということで実際にやっていきます。

使うのはこの3つ。

右の溶剤は塗装される方だったら誰でもお持ちだと思います。

それ以外の2つは全て100均でも揃うものです。

 

 

まずは適当なタッパー。

液体を付けおきするために使うもので、

パーツが十分に入るサイズと液がこぼれないように密封できるものであればなんでも良いと思います。

今回はセリアで購入したものを使います。

 

 

お次は台所用の塩素系漂白剤。

生活用品なのでお持ちの方も多いのではないでしょうか。

塩素系ってのが大事です。

こちらもセリアにて購入。

 

 

最後はラッカー塗料用の溶剤。

ラッカー用のうすめ液であれば、何でも良いです。

 

 

下記のような洗浄用の溶剤は溶かす力が強すぎるので、絶対使わないようにしてください。

ここだけは注意です。

 

 

まずは、容器にパーツを入れて。。。

 

 

ラッカー用の溶剤を注ぎます。

そこまで多く入れる必要はなくて、パーツがつかる程度で十分です。

 

 

溶剤を入れてから数十秒ほどで、こんな状態になります。

外側にコーディングされていたクリアイエローが溶け出してきました。

 

 

1分ほど様子を見て、十分に色が落ちたのを確認して取り出せば

①のクリアイエローのコーディング剥がしは完了。

 

 

金メッキだった火炎将軍剣が、銀メッキになりました。

綺麗な銀色ですが、これも剥がしていきます。

 

 

 

 

お次は②のメッキコーディングを剥がしていきます。

今度は容器にパーツと塩素系漂白剤を入れて様子を見ていきます。

漂白剤を注いでわずか数秒でこの状態。

一瞬でほとんど溶けて消えてしまいました。

 

 

こちらもしっかりメッキが落ちたのを確認して取り出し。

 

プラ本来の色が出てきました。

ぱっと見これで終わりのように見えますが。。。

 

 

③のクリアコーティングが残っているんです。

写真だとわかりづらいですが、プラスチックではあり得ない質感のツルツル加減なんです。

 

 

塗料を完全に落とし切りたいので最後の1行程。

容器に再度ラッカー用の溶剤を注いでつけ置きです。

このクリアコーティングは結構強いので、1時間程度つけ置きして様子を見ていました。

 

 

約1時間後、パーツを取り出してみた直後の写真。

表面がうにょうにょしてるのがわかりますでしょうか。

この透明な”うにょうにょ”が、最後のクリアコーティングが溶けた状態なのです。

 

 

歯ブラシを使ってしっかりコーディングを落として乾燥させればついにメッキ落としは完了。

だいたい1時間半くらいで作業完了です。

 

 

金色テカテカだったパーツが、綺麗なすっぴん状態になりました。

これでやっといつもの塗装ができます。

落ち着いた色味のかっこいいゴールドに塗装してやります。

 

 

こんな感じでメッキ剥がしの方法の紹介は以上です。

 

専用の溶剤だと1700円とかしますが、

今回紹介した方法だと激安でできちゃいますので、ぜひ挑戦してみてください!!

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category