【ミニプラ・リュウテイオー】複製による胸部ウロコのディテール再現!


こんにちは

急ピッチで製作しているtomoshooです。

間に合うかなー。

 

 

ということでリュウテイオーの製作進めていきます!!!

前回少し触れましたが、今回は胸部のこのパーツについてです。

製造番号がすごく目立ちますよね。

リュウテイオー時には隠れるのですが、

リュウボイジャー時には丸見えなんです。

 

 

ということで前回は、とりあえず数字を削ってなだらかにしました。

でもこれだけではダメなのです!!!!!

 

 

というのも、このパーツの反対側はこうなっているんです。

リュウボイジャーのウロコのディテールがびっしり入っています。

 

 

ということで今回は、

裏側のウロコのディテールを

表側にも再現していきたいと思います!!!

 

 

 

 

使うのはこれ!!!

お手軽複製のお供、おゆまるです。

値段も安く、繰り返し使うことができるので初心者にもオススメです。

 

 

お湯に浸して柔らかくしたおゆまるを、

ウロコの部分にむにゅっと押し当てて、そのまま冷蔵庫で冷やします。

 

 

するとこんな感じで型を取ることができました。

今回むちゃくちゃ綺麗に型取りできましたね笑

 

 

型が出来たので、複製していきます。

使うのはこれ!!!

ポリエステルパテですね。

複製には粘度の低いポリエステルパテを使います。

 

いつも肉抜き穴埋めに使っているマジックスカルプは、

粘度が高く硬いので複製には向かないんですよね。

 

 

こんな感じに盛り付けて、硬化を待ちます。

 

 

半日くらい置いて、型から外すとこんな感じになりました。

ご覧ください。ウロコのディテール完全再現です。

 

 

余計な箇所を削り落とすとこんな感じに。

近くで見ても、細かいディテールきちんと複製できています。

 

 

変形に干渉しないように、厚みはできるだけ薄くしておきました。

1mmもないくらいかな。

 

 

あとは瞬着でくっつけるだけ!!!

反対側のウロコを表側にも見事に再現できました。

 

型取りしやすい形状だったということもあり、

かなり精度の高い複製ができましたね。

 

思った以上に簡単にできるので、

「複製」是非挑戦してみてください!

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category