【ミニプラ・ツーカイオー】肩改修後半!全ての形態を違和感なく再現すべく接続方法を丸々見直していく!


こんばんは

久々に頭を悩ませた tomoshoo(@tomoshoo1) です。

フル回転です。

 

 

ということでツーカイオーの改修やっていきます。

今回も山場の肩と腕の改修。

【ミニプラ・ツーカイオー】肩の大改修!まずはパーツ分割とディテールアップから!!

前回は、肩と腕を分離させて、ディテールアップをしていきました。

 

 

今回は接続方法の改修をやっていきます。

 

 

まずは前回分離してディテールアップした下顎部分。

分離させ、新しく接続方法を設ける必要があったので。。。

 

 

内側にプラ棒を取り付け。

内部の仕切りをガイドにして、瞬間接着剤で固定させました。

これが接続軸となります。

 

 

お次は、接続軸用の軸穴。

先程の軸が刺さる穴を作ります。

 

 

拳パーツの裏側がスカスカだったので、

肉抜き穴埋めを兼ねて、プラ板でこんな感じで軸穴付きのフタを作成。

これで、腕と下アゴの接続はOK。

 

 

最後は、分離後の上アゴと下アゴの接続方法を考えなければいけません。

 

 

色々考えましたが、今回はこれを使います。

ネオジム磁石です。

 

 

パーツの内部の空間を活用して、ネオジム磁石を埋め込みます。

瞬間接着剤で無理やり固定させました。

 

 

これで全ての接続方法の問題はクリア。

生まれ変わった腕が。。。

 

 

こうなりました!!!!

肩と腕が別パーツになり、ヒジ関節が出現しました!

ちゃんと腕が曲がったー!!!

 

 

反対側はこんな感じ。

厳密にいうと反対側も分離すべきなのですが、

変形ギミックとの両立を考えてここはそのままに。

 

 

カッタナー時の腕もこんな感じで問題なく再現可能。

 

パーツ分割した反対側も、できるだけ違和感を押さえて再現できました。

丁寧に分割した甲斐がありました。

 

 

クロコダイオー時の形状も問題なし。

ぱっと見、どこが分割してるのかわからないレベルまでは持っていけたかな。

 

 

ただのパーツ分割ではなく、3種類の形態を全て実現させる必要あった上に

できるだけ各形態違和感なく仕上げたかったので、かなり長い間構想してました。

 

 

一通りまとまってよかったーーー!

これで安心して残りの製作進められます。

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category