【ミニプラ・コンドルワイルド】左右対称のディテール筋彫りについて


おはようございます。

3連休が楽しみなtomoshooです。

したいことがありすぎます。

 

 

ということでコンドルワイルド改修してきますよ!!!

 

今回改修していくのはこれ!!!

img_17992

キューブコンドルの、胴体部分です。

造形としては、キューブゴリラと全く同じものになります。

事前準備として、肉抜き穴埋めをした後に直線の筋彫りのみ施してしておきました。

ここにはさらに、四角形のディテールを加える必要があります。

 

 

 

 

ということで、キューブゴリラのときと同じような

ディテールを追加していきたいと思います。

 

 

まずはプラ板を切り出します。

img_17982

このプラ板をガイドにして筋彫りをしていきます。

 

 

瞬間接着剤をほんのちょっとだけつけて、筋彫りをしたいところに固定します。

img_18002

 

あとは、タガネを使ってスジを掘っていくだけです。

img_18022

今回用いたのは0.5mmのものです。

 

 

プラ板の周りをなぞるように筋彫りしていきました。

img_18032

 

 

そんな感じで筋彫りを施していきました。

img_18062

小さい四角形は新たに小さいプラ板を切り出してガイドとして用いました。

 

 

 

一度使ったガイドは捨てずに、反対側にも使うことで

左右対称のディテールを簡単に掘ることができます。

img_18072

 

 

ということで胴体パーツのスジ彫り完成です!!!

img_18082

そこそこめんどくさいですが、胴体側面の肉抜きは結構目立ちますからねー。

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

旧ブログはこちら。
プレミアム バンダイ

Search

Archive

Category