【ミニプラ・リンライオン&リンカメレオン】パーツ破損をフルスクラッチでリカバリー


こんばんは

塗装中のtomoshooです。

部屋がシンナー臭いです。

 

 

ということで今回はリンライオン&リンカメレオンについてです。

 

ライオン、カメレオンともに順調に塗り分けを進めていました。

img_21302

ゴールドは、いつものスターブライトゴールドではなく

フィニッシャーズの青金を使用して劇中の色調に近づけています。

 

 

 

順調に進んでいたのですが。。。

 

事件は起こってしまったのです!!!!

 

 

肩に取り付けるパーツなのですが、

img_21312

 

 

やってしまいました。。。

img_21322

金色成形色の接続用パーツが粉々になってしまいました。

全然力をかけていないつもりだったのに、ポキっといっちゃいました。

 

金色部分マジでもろいです。

持ち運び要注意です。

 

 

ということで、パーツが破損してしまったため

リンライオンの制作は終了です!!!!

 

 

 

というわけにはいきません!!!!

こんなことで諦めるtomoshooではありません。

 

 

 

反対側のパーツはまだ壊れていないので、

これを参考にフルスクラッチします。

 

 

 

 

ということでいきなりですが、ここまでフルスクラッチしました。

img_21332

先端の黒い部分は、元のパーツを使っています。

残りは、

1mmプラ板を使ったり、

昔のミニプラのランナー(3mmプラ棒の代わりになります)を使って仕上げました。

 

 

試しに取り付けてみましょう。

img_21342

ぴったりです。

我ながら一時間でよくここまでリカバリーできたなあと思いました笑

 

 

 

ですがこれで終わりではありません。

装甲部分に接続するためには、可動軸が必要となってくるのです。

 

 

ということで、ヒンジもフルスクラッチしました。

img_21352

ここまでつくってやっと取り付けられます。

 

 

 

あとは、元と同じ位置にこんな感じで取り付けました。

img_21362

 

 

最後に、最終的なクリアランス調整と補強を行ってこれで完成です。

img_21372

装甲で隠れて見えない部分なので、

めちゃくちゃ丁寧に仕上げる必要はありません。

それよりも強度を重視で仕上げました。

 

 

あとは黒に塗装し直せばリカバリー完了です。

金色パーツはマジで壊れやすいのだと実感した出来事でした。

 

 

反対側のパーツは壊さないようにマジで慎重に仕上げます。

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

旧ブログはこちら。
プレミアム バンダイ

Search

Archive