【ウォーハンマー】Cold Oneをとりあえず一体仕上げてみる。


こんばんは

いよいよザウルスナイトの塗装に突入するtomoshooです。

今回も塗りごたえありそうです。

 

 

ということで下準備も終わったところで、

ザウルスナイトの塗装進めていきます。

 

まずはザウルス達が乗る、Cold Oneの塗装を進めていくことにしました。

今回は、要領を掴むという意味でも

とりあえず1体仕上げてみようと思います。

 

 

 

 

工程を全て写真に撮っておいたので

順を追って紹介していこうと思います。

 

まずは奥まっている下腹部から塗っていきます。

ベースカラー。

 

 

レイヤーからーで、1トーン明るい色を塗り重ねます。

 

 

明るさはこれくらいでいいと思ったので、

茶色系のシェードで陰影をつけます。

ここまで、一切塗り分けしてません。

大きめの平筆でバシャーってペイントしていくだけです。

 

 

それだけでこんな質感が出来上がります。

何も言われず見せたら、よく細かいとこまで塗ったねーって言われそうですが

すごいことなんて何もしてません。

適材適所で塗料をバシャーって塗ってるだけ。

 

これで下腹部は出来上がったので、

次はそれ以外の緑色を塗っていきます。

 

まずは緑系のベースカラーで一通り塗っていきます。

隠蔽力高いので、キレーに塗れます。

 

 

次に、1トーン明るい緑で

背中や顔まわりのウロコを塗ります。

ここでやっと細い筆登場です。

 

 

次に、緑系のシェードでバシャーって塗ります。

これは平筆でスーって撫でる感じで塗りました。

背中のウロコが立体的になってきました。

 

 

 

 

次は楽しいドライブラシの時間です。

更に明るい緑で、ウロコ付近を中心にドライブラシをかけていきます。

一気にディテールが際立ちます。

この工程が1番楽しいですね。

 

 

 

更に、ZANDRI DUSTでドライブラシして

1番明るいハイライトを入れていきます。

顔まわりのウロコと背びれを中心にハイライトを入れていきました。

 

 

これで恐竜のペイントは完了です。

ドライブラシの要領がだんだんわかってきました。

 

 

最後に、首輪等の装飾をペイントしたら

Cold Oneの完成です!!!!

自分で言うのもなんですが、かなり成長してませんか!?笑

 

シタデルカラーの扱い方がだんだんわかってくるようになってきましたねー。

やっぱり筆塗りは経験あるのみです。

 

これ一体塗るのにかかった時間は、2時間ちょっと。

慣れるともう少し早く仕上げられるんでしょうか。

 

とりあえず、満足いく仕上がりになったので、

同じ方法で残りのCold Oneもペイントしていこうと思います。

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category