【スーパーミニプラ・ドラゴンシーザー】プラ板を使って大きな肉抜き箇所を塞いでいく!


こんばんは

改修が色々楽しみな tomoshoo(@tomoshoo1) です。

色んな事盛り込む予定です。

 

 

ということでスーパーミニプラ・ドラゴンシーザーの改修やっていきます。

 

 

今回はこれら。

パテ盛りには適さなかった、広い面積の肉抜き個所の処理をしていきます。

 

 

広い面積の肉抜き個所は、パテを盛って平らにしていくよりも

プラ板を貼り付けてフタをしたほうが早く、綺麗に仕上がることが多いです。

 

 

ってなわけでまずはプラ板を適当に切り出して、肉抜き個所に貼り付け!

流し込み接着剤で仮止めして、隙間を瞬間カラーパテで埋めました。

 

 

あとははみ出した箇所を切り落とせば、形状にぴったり合ったフタが完成!

この方法だと、比較的正確で失敗がないかなーと思います。

プラ板の削り過ぎには注意ですね。

 

 

 

 

股関節の装飾パーツも裏側をフタしておきました。

2枚のプラ板を組み合わせることで形状に対応しています。

ここはほとんど目立たないかな?

 

 

こんな感じでプラ板を使った肉抜き処理が完了。

同じことをパテでやろうとするとかなりの作業になってしまうので、

使い分けて効率よく改修していくとよいと思います!!

 

 

ということで今回は以上です。

それでは~ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category