【ミニプラ・ハカイジュウオー】腕の装甲パーツ2段階の肉抜きと格闘!異なる素材・方法で形状にあったフタを作っていく!!


こんばんは

なんだかんだバタバタしていた tomoshoo(@tomoshoo1) です。

落ち着かないです。

 

 

ということでハカイジュウオーの製作進めていきましょう。

【ミニプラ・ハカイジュウオー】軸受けを一部切り落として、肩アーマーの後ハメ加工&合わせ目消し!

前回は肩アーマーの後ハメ加工をやっていきました。

 

 

今回から重めな改修が続きます。

手を加えていくのはこれ。

腕に取り付ける装甲パーツです。

 

 

白と赤でパーツ分割されており、表面はよさげなのですが。。。

 

反対側はどちらもがっつり肉抜きされています。

ポージングさせると結構目立つ箇所なので、何らかの処理をしていきたいのですが、

どちらも形状が複雑なので1つ1つ丁寧に改修していきたいと思います。

 

 

まずは赤いパーツから。

先端は肉抜き穴埋めをしたいのですが、根元辺りは隠れるので処理する必要はありません。

むしろ軽量化のために埋めたくないです。

 

 

ってことで先にプラ板で仕切りを作りました。

埋めたいゾーンと埋めたくないゾーンの境界をしっかりと分けます。

 

 

その後、エポキシパテを盛りつけていきました。

プラ板で仕切りを作ってから盛り付けたおかげで、綺麗な壁を作ることができました。

1からの削り出しだとここまで綺麗には仕上がらないですね。

 

 

 

 

お次は白い部分。

こちらは若干入り組んだ形状な上に、がっつり空洞になってますので

先ほどのパーツ以上に手間をかけてフタをしていく必要がありそうです。

 

 

まずはマスキングテープをこんな感じで張り付けて、内側の形状をなぞってトレースします。

ヒンジの部分や接続軸を避けてマスキングテープを貼るのがポイントです。

 

 

トレースができたら、そのままプラ板に貼り付けます。

ヒンジや接続軸を避けてマスキングテープを貼り付けることで、

なぞっていない箇所もガイドになるというわけです。

 

 

そしてガイドの通りに切り出し。

輪郭はデザインナイフで、中央の穴はウェーブのHGステップドリルを使って空けました。

 

 

同様にして、両腕分切り出します。

先ほどの型紙を再利用すればよいだけなので、2回目の作業はかなりスムーズです。

 

 

あとは差し込むだけ。

あくまでスカスカ感をなくすことが目的だったので、

厳密に隙間を埋めたりはしませんでした。

 

 

これで腕の装甲パーツの肉抜き処理が全て完了!!

シルバーのクロー部分は瞬間カラーパテ、

赤いパーツはプラ板とエポキシパテ、

白いパーツはプラ板切り出しと

それぞれのパーツ毎に異なるアプローチで肉抜き処理をしていきました!

 

 

形状に合わせて、マテリアルを使い分け、順序良く綺麗に仕上がったかなと思います。

 

 

穴埋め処理の引き出しは多いに越したことはないので、

是非挑戦して、改修のバリエーション増やしてみてください!

 

 

ということで今回は以上です。

それでは~ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category