【ダイソーDIY】タイラー専用ケース作ってみた!!


こんばんは

脂肪を落としたいtomoshooです。

夜は炭水化物抜いてます。

 

 

ということで今回はツール紹介。

 

私がこれまで、表面処理ツール用収納ケースとして使っていたものがこれです。

100均で買った透明ケース。

かれこれ5年以上使い続けてきました。

 

 

蓋つきで、付着した粉が舞うこともありません。

番目毎で仕分けして使っていました。

 

 

ちなみに表面処理ツールとして使っているのは、「タイラー」

両面テープで紙やすり貼り付けて使ってます。

他のツールも色々試しましたが、個人的にはこれが1番使いやすいですねー。

 

 

話を戻すと、ケースがパンパンになってきたんです!!!

400番の黄色ゾーンなんてもうパンパン。

 

現在使っていて写真に写っていないタイラーもあるので、これ以上にあります。

欲を言えば、使い終わって紙ヤスリ交換待ち用の区画も作りたいところ。

 

 

 

 

ということでダイソーを物色してたら、こんなものを見つけました。

セクションケース(大)というものです。

お値段はもちろん100円。

 

 

さきほどのケースより一回り大きい蓋つきのケースです。

一見、すごいよさそう。

 

 

ただ、1つだけ問題点があったのです。

 

 

区画が狭すぎてタイラーが入りきらないんです!!!!

これだと蓋を閉じることができません。

 

それ以外はすごくいいのに、惜しすぎる!!!!

 

という事で、ちょっとだけ手を加えて使いやすくしていきます。

 

やり方は単純明快。

 

 

仕切りをデザインナイフで切り取っていくだけです。

これ、結構切りにくくて大変でした笑

 

 

ちょっと分かりにくいですが、手前の1行と、左上の位置区画の壁を切り取りました。

早速収納してみます。

 

 

どん!

いい感じにすべて収まりました。

上段は、使い終わったものを一時的に置いておくスペースにしてます。

 

 

もちろん蓋もでき、粉が飛び散ることもありません。

使い心地は今までと変わらず、収納力をアップさせることができました!!

 

 

一工夫で使いやすい収納ケース作り、パーティションの区切り方次第で他のツールにも応用できると思うので

是非やってみてください!

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category