【モデラー必見】模型製作活動のお供に、『USBホットアイマスク』で疲れた目をケアしよう。


こんばんは

疲れは残したくないtomoshooです。

日々のケアが大事ですね。

 

 

ということで今回は模型製作関連?アイテムの紹介。

 

模型製作をしていると、細かい作業ばかりでどうしても目を酷使してしまいがちですよね。

私自身目の疲れを感じることが多かったので、リフレッシュしたいなーとずっと思っていました。

 

 

そこで、目を温めて目元の血行を促進し、眼精疲労、目の渇き、目のクマを緩和できる

ホットアイマスクを試してみようと思ったのですが。。。

 

 

薬局とかで手に入る使い切りタイプだと割高なんですよね。

CMでよく見かけるのはこれ。

 

 

電子レンジで温めて繰り返し使えるタイプもあったのですが、

これ顔の上に乗せるだけなんですよね。

しかも細かな温度調整などはできません。

 

 

と、色々悩んだ上で私が選んだのはこれ。

USB給電で暖かくなり、繰り返し使うことができるアイマッサージャーです!

 

 

商品名が「Taku」というホットアイマスク。

宅?卓?焚く?

名前は気にしないことにします笑

 

 

Amazonで調べると似たようなホットアイマスクが色々見つかるのですが、

価格、同梱物、レビュー数で一番良さげだったのが購入の決め手ですね。

 

 

高級感のある箱で送られてきました。

中身はぎっしり。

中身はこれだけ。

色々比べてみましたが、一番豪華でした。

 

しかも値段は2000円を切っているという破格の安さ。

 

 

まずはホットアイマスク本体。

 

反対側。

アイマスクはコットン生地で、内部のヒーターとは分離できるので

汚れたら洗濯可能です。

 

バリエーションで、合皮もあるみたいですね。

 

 

バンドはゴム製+長さ調節可能なので、どんな人でも使えます。

 

 

こちらがホットアイマスクに入っているヒーター。

これが暖かくなります。

 

 

有線接続されたコントローラーで、温度と時間を設定可能です。

温度は35〜50℃、時間は10〜30分から選ぶことができます。

 

 

給電方法はUSBです。

 

 

 

 

お次は数々の付属品の紹介。

こちらはクールアイマスク用の保冷剤。

ヒーターの代わりにこれを冷やしたものを入れることで、

目のクールダウンをさせることもできるみたい。

 

 

スプレーボトル。

アイマスクに水のミストを吹きかけると、蒸気でより効果が増すそう。

 

 

耳栓までついてきます。

至れり尽くせりですね。

 

 

これらを全部入れておけるポーチ。

ちゃんと全部入りました。

付属品が多いので、中身はパンパンです笑

 

 

取扱説明書は日本語と英語です。

説明書なくてもわかるくらい簡単ですけどね。

 

 

給電方式なので電源がないと使えないのですが、

モバイルバッテリーに接続して使えば、実質どこでも持ち運び可能です。

ちなみに電源として使ってるのはこれ。

【PowerCore Fusion 5000】モバイルバッテリー+充電器という最強の組み合わせ。

最近出番が少なかったのですが、いい組み合わせが見つかりました。

 

 

これ使って目の疲れもちゃんとケアして、細かな模型製作頑張っていきたいです。

デスクワークで目を酷使している方にもおすすめですし、

お値段もかなりお手頃なので、是非試してみてください!

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category