【ウォーハンマー】我が軍のボスを組み立ててみました【セラフォン】


こんばんは

最近全然ウォーハンマー塗れていないtomoshooです。

色々落ち着いたらペイントしたいなー。

 

 

ということで今回は久々のウォーハンマーネタ。

我がセラフォン軍のボスである、Saurus Oldblood On Carnosaurを仮組みしました。

 

 

ティラノサウルスのようなCarnosaurの上に、ボスのSaurus Oldbloodが乗ってます。

ロマンしかありませんね。

 

 

ポージング最高に決まってます。覇気がすごい。

このキットはセラフォンの中でも新しいほうなので、

造形はかなり出来が良く、合わせ目も目立ちません。

 

 

奥まった箇所もびっちりディテール入ってます。

左手とか折れちゃいそうなくらい細くて細かい造形です。

実際強度は弱いので取り扱いは注意ですね。

 

 

槍の形状とか、むちゃくちゃ複雑な形状です。

これが一体成型なんですよ。。。信じられません。

 

 

 

 

カルのサウルスもまた凄まじい造形美。

今にも飛びかかりそうなポージングです。

 

合わせ目とか本当にあるの?ってレベルで目立ちません。

 

 

元々はこれですからね。

説明書通り組み立てていくと、あれよあれよという間に恐竜になります。

説明書なしでは絶対に組み立てられなかったです。

 

 

全身にある鱗の1つ1つにディテールが入ってます。

これドライブラシたら気持ちよさそー!!!!

 

 

装飾付きの頭部も超イカしてます。

細かく塗り分けたいですね。

 

 

後ろ姿とか圧巻です。

足を曲げた時のシワのできかたとかむちゃくちゃリアル。

本当に、動画の一コマがそのまま立体化したって感じです。

 

 

一般兵のザウルスウォーリアーと並べると、ボスのデカさが分かると思います。

でけー!!!

まさに将軍。風格たっぷりです。

 

 

 

最後に、キュウレンオーと並べてみましょう。

 

 

こちらです!!!!

ちっちぇー!!!!!!!

 

スケール感狂っちゃいますよね。

いかにウォーハンマーのディテールが細かく精巧であるかが分かると思います。

 

 

これを塗るのはいつになるのかわかりませんが、

とりあえずこの状態で飾っておくことにします。

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category