【スーパーミニプラ・ドラゴンシーザー】ズボラ向けプラ板切り出しメソッドを使って、複雑な形状の胸部裏側フタを作っていく!


こんばんは

クタクタの tomoshoo(@tomoshoo1) です。

自転車漕ぎまくってました。

 

 

ということでドラゴンシーザーの改修やっていきます。

今回はドラゴンシーザー胸部パーツについて。

 

 

胸部パーツの裏側はこんな感じになっているのですが。。。

肉抜きというか、内部構造がむき出しになっているんですね。

 

ドラゴンシーザー時は見えないので問題ないのですが、

剛獣神のドラゴンアントラーだと裏側がチラリと見えるんです。

接続ピンがチラ見えしていてプラモっぽさ満載なので、ここはフタをしたいところ。

 

 

ちょっと形状が複雑なので、今回はこれを使います。

スタンプパッドを使った、ズボラ向けプラ板切り出しメソッドです!!

【ミニプラ・ゼンカイオージュラガオーン】ズボラ向けプラ板切り出しメソッドを使って、最小の手間&高い精度でガオーンクロー内側の肉抜きを塞いでいく!

汎用性の高い手法なので、よく使ってます。

 

 

パーツをスタンプパッドに押し当ててから、プラ板にスタンピング!!

これで大まかな形状、軸穴の位置をきれいに写し取ることができました。

細かく寸法を測ったりする必要が無いため、めちゃくちゃ楽かつ正確です。

 

あとは線に沿って切り出すだけ。

 

 

 

 

切り出し終わったものがこちら。

比較的切り出しの難しそうな形状でしたが、スムーズに切り出せました。

 

 

軸穴の箇所はウェーブのHGハンドリーマーを使って穴あけ。

これを使えば無段階に穴の大きさ決められるので、穴の大きさの調整が非常に楽なんです。

 

 

取り付けてみるとこんな感じ。

ほとんど見えない箇所なので、この程度の正確さで十分です。

 

 

スタンプパッドさえあればできる手法で、色々な箇所で使えるので

是非取り入れてみてください!

 

 

ということで今回は以上です。

それでは~ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category