【スーパーミニプラ・大獣神】ティラノ口内のディテールアップ・可動化


おはようございます

寝違えたtomoshooです。

たまにやります。

 

 

ということで大獣神の制作進めていきます。

今回はこれ!!!!

ティラノサウルスの頭部です。

素組みレビューでも書きましたが、

口内のディテールが省略されているんです。

 

このままだとのっぺりしており、立体感のないイメージなので、

口内のディテールを作り込んで、顎の可動化改修をしていきたいと思います!!

 

 

 

 

頭部の構造はこんな風になってます。

上顎を含む頭部パーツに、下顎をはめ込む構造です。

ここに、口の開閉ギミックを仕込む必要があります。

なのですが、ここには大獣神の頭部を格納するため、

 

クリアランスが全然ないんです!!!!

 

今までみたいに軸を軸受け新設するスペースないです。

 

ということで今回の可動化にはこちらを使うことにしました。

ネオジム磁石です。

こいつを使うことで、省スペースな可動化改修をしていきます。

 

 

まずは、上顎を含む頭部に磁石を接着します。

適当に置いて瞬着流し込んだだけですね。

 

 

お次に、下顎パーツの接続用のピンを切除した後、

パテを使って延長しつつ、ネオジム磁石を埋め込みます。

クリアランスと強度確保のために、こんな無理やりな方法で下顎を作っていきました。

これかなり荒業だなーって自分でも思います笑

 

 

あとは、上顎と下顎の間の空間の部分を。。。

 

 

ごっそり取り除きます。

 

 

あとは、持ったパテの余計な箇所を削り落として、

合わせ目消しをすれば下顎は完成です。

ちなみに、磁石は片側しか仕込んでいません。

強度的に両側つける必要はないことと、クリアランス確保のためです。

 

 

上顎は、干渉箇所をごっそり削り落としました。

 

 

取り付けは磁石なのでスポッとハマります。

これが1番口を閉じた状態。

ここから。。。

 

 

ここまで開くことが可能になりました。

これで終わりではありません!!

 

なぜなら、

歯がないからです!!!!

 

入れ歯とったおじいちゃんみたいになっちゃってます笑

 

 

 

 

ということで歯を新造しました。

さらっと書きましたが、超大変でしたこれ。

1mm以下のサイズにひたすらプラ板切り出して、

ピンセットでひたすら等間隔に貼り付けていく作業です。

 

 

口を開くとこんな感じ。

かなりリアルな形状を再現できました。

歯がガタガタなので、それはあとで形状整えます。

 

 

いやー、今回はマジで頑張りました。

もう二度とやりたくないですね笑

 

とはいえ、ティラノサウルスの顔は頑張りたかったので、

これでひとまず満足です。

 

 

ということで今回は以上です。

それでは~ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category