【ミニプラ・ドンオニタイジン】劇中を参考に、胸部裏側の裏打ちディテールを作りこんで再現していく!


こんばんは

首筋をガッツリ痛めた tomoshoo(@tomoshoo1) です。

多分寝違えました。

 

 

ということでミニプラ・ドンオニタイジンの改修やっていきます。

【ミニプラ・ドンオニタイジン】オトモ3体バイザーとキジンソードを延長&鋭角化で劇中のシルエットを再現していく!!

前回は、各部のシャープ化をしていきました。

 

 

今回は少し手間のかかる改修に挑戦していきます。

手を加えていくのはこれ。

胸部パーツです。

印象的なこの赤いパーツ、表面は特に気になるところは無かったのですが。。。

 

 

少し気になったのが反対側。

元々がっつり肉抜きされていたので、見栄えに影響する範囲のみ埋めてます。

埋めたはいいのですが、このままだとのっぺりした印象。

 

 

ちなみに劇中だとどんなディテールなのかなーと思ってみてみると。。。

 

 

結構ちゃんとしたディテールが入ってました。

ほぼ見えない箇所なのでやらなくてもよさそうなのですが、

これ見ちゃうとね。。。

 

 

ってことで、裏打ちディテールを再現してやりましょう!!!

ガンプラなどではよく取り入れられる改修ですが、のどかな日常で紹介するのはおそらく初めてかな?

 

 

まずは胸部パーツにマスキングテープをペタリ。

私が使ってるのはコスパ重視で3Mのものです。

 

 

エッジが透けて見えるので、ペンでザックリとなぞって形をトレースしておきます。

 

 

トレース出来たら、プラ板に貼り付けて。。。

このプラ板セット、抜群に安いのに一通り揃っててまじで便利です。

 

 

大雑把に切り出します。

さらに先ほどの資料を参考にディテールを描き込んだら。。。

 

 

 

 

あとは気合いのデザインナイフ切り出し!!

失敗できないので、こういう時は絶対に新しい刃を使うようにしてます。

 

 

指をプルプルさせながらひたすら切り込みを入れていって。。。

 

 

切り出し完了。

幼いころに遊んだ縁日の型抜きを思い出しながら切り出してました。

あれ成功したことないです。

 

 

同じようにして、両側切り出せば完了。

一発で切り出せました。

頑張った。

 

 

あとは胸部パーツの裏側に貼り付ければ完成。

端が完璧に揃っているわけではないので、後で瞬間カラーパテで形を整えます。

 

 

取り付けてみるとこんな感じ。

少しは劇中っぽいディテールに近づいたかな。

 

 

今回の改修は以上。

裏打ち改修はガンプラだとよく使われるので

食玩でもどんどん取り入れていきたいですねー。

 

 

ということで今回は以上です。

それでは~ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category