【ミニプラ・ギガントドリラー】ホログラムフィルムでクリアパーツ内部を更にキラめかせていく!!


こんばんは

1番の山場改修のtomoshooです。

楽しいです。

 

 

ということでギガントドリラーの製作進めていきます。

前回はクリアパーツにクリアの塗料を吹き付けて、ツヤ感をアップさせた状態。

 

 

表面はツヤツヤになったのですが、

劇中のような立体的で複雑なキラキラさが足りない気がします。

 

 

劇中さながらのキラキラ感を表現していきたい!!!

 

 

ってことで今回はこんなものを使ってみます。

レジン用のジュエリーホログラムというアイテム。

もちろん使うのは生まれて初めてです。

これ一体何かというと、ホログラムフィルムが細かくカッティングされたもの。

レジンにこれを混ぜ込むことで、まるで宝石のような輝きになるらしいのです。

 

 

百聞は一見にしかずということで、早速やってみます。

 

 

 

 

透明な塗料カップに・・・

 

 

まずはホログラムフィルムをドバッと全部入れます。

 

 

そこに、色無しの透明なクリアレジンを注ぎます。

 

 

クリアレジンを注いで、軽く混ぜてみました。

少しわかりにくいですが、気泡だらけで大変なことになってます。

 

このままだとせっかくのホログラムフィルムが目立ちませんし、穴だらけになってしまうので

気泡を消していきます。

 

 

使うのはドライヤー。

どの家庭でもありますよね。

 

全然関係ないですが、このドライヤー美容師でも使われているやつで、風力強めで良いです笑

 

 

ドライヤーでレジンを熱することで気泡がどんどん取れていきます。

高温で一気にやりすぎずに、低温で少しずつ温めるのが良いです。

 

 

ドライヤーで気泡抜きをしたものがこちら。

気泡はほぼ全てなくなりました。

先ほどの状態と比べると、透明度が全然違うのがわかりますでしょうか。

 

 

あとは、クリアパーツに注入していくだけです。

適量注ぎ込んだら。。。

 

 

UVライトで硬化。

モバイルバッテリーとセットで使います。

 

 

左がクリアを吹いただけの状態。右がホログラムフィルムを入れたもの。

ラメパウダーよりもずっと大きな粒なのですが、フィルムなので柔らかい質感の輝きです。

これはかなり良いです。

 

 

 

 

ドリルでも比較してみましょう。

こちらがクリアを吹いただけ。

 

 

ホログラムフィルムを仕込むとこうなります。

色味もパステルカラーかつカラフルで、劇中のキラキラ感に近い気がします。

 

 

同様にして、他のクリアパーツにも全て仕込んでいきます。

 

 

全て仕込んだものがこちら。

まさに宝石のような輝きがプラスされました。

冒頭で紹介した1つでギリギリ足りましたが、

もう1つくらい使ってもよかったかもしれないです。

 

 

クリアパーツのキラキラ改修は以上です。

 

初めて使うアイテムだったので、どんな仕上がりになるか未知数でしたが

劇中のキラメキにかなり近づけることができたように思います。

 

これは間違いなく大成功です。

是非お試しを!!

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category