【SMP・ガオハンター】素組みレビュー&改修箇所洗い出し!!


こんにちは

素晴らしすぎてテンション上がりっぱなしだった tomoshoo(@tomoshoo1) です。

デザインもギミックも良すぎました。

 

 

ということで今回は素組みレビュー!

紹介していくのはこちらです!!!

 

 


SMP 百獣合体 ガオハンター


SMP・ガオレンジャーシリーズ第3弾、ガオハンターです!!

スーパーミニプラ&SMP戦隊シリーズにおいて、第3弾で一般販売って今回が初めてですよね。

 

 

一般販売なので、分割方式。

こちらが外箱。

 

 

中には内箱が入ってます。

今回は全3種ですね。

 

 

今回のパッケージです。

デザインは3種とも共通です。

表側はガオハンタージャスティスのDX版を模したパッケージデザイン。

 

 

そして反対側はガオハンターイビルのDX版を模したパッケージデザインです。

 

 

表と裏で、2パターンどちらも楽しめるなんて最高です。

当時品のガオハンターイビルは入手難易度が高かったらしいですね。

 

 

上部。

 

 

珍しく側面に変形・合体バリエーション紹介です。

 

 

組み立ての模様はこちら。

組み立てミスってわちゃわちゃしたりしてましたが非常に楽しく生配信できました。

久々の生配信でした。

 

 

今回収録の3体のパワーアニマル。

どれも非常に高い完成度で、迫力も抜群です。

それぞれ詳しく紹介していきます。

 

 

ガオウルフ

狼の姿をしたパワーアニマル。

ガオハンターの左腕を構成します。

 

成形色はシルバーで、メタリックの質感も良いです。

 

 

反対側から。

基本的な造形はガオタイガーと共通ですが、三日月型の大きな尻尾が特徴的です。

 

 

両サイドから。

塗装箇所は意外と多く、目、首、肩、爪、尻尾です。

 

 

尻尾は両面塗装されています。

接続は差込式なので、塗装する場合はクリアランス調整したほうがいいかも。

 

 

頭部のアップ。

口は開閉可能です。

 

 

変形の恩恵もあり、各部そこそこ動きます。

なによりシルバーの質感がいいですねー!!

 

 

ガオハンマーヘッド

シュモクザメの姿をしたパワーアニマル。

ガオハンターの右腕を構成します。

 

成形色はメタリックパープル。

こちらも粒子感があって良い質感。

 

 

反対側から。

顔まわり以外はガオシャークと同じ造形です。

 

 

両サイドから。

ガオシャークとは異なり、尻尾は変形用のみです。

 

 

新規造形の頭部。

目は塗装されています。

 

 

先頭のシルバー、ゴールドのラインは塗装済み。

ラインには若干のモールドありです。

 

 

変形の恩恵もあり、くねくね動かすことができます。

この辺りはガオシャークと全く同じです。

 

 

ガオリゲーター

ワニの姿をしたパワーアニマル。

ガオハンターの腕以外を構成するだけあり、かなりのボリュームです。

 

 

反対側から。

巨大でギザギザしたディテールが一際目を引きます。

 

 

両サイドから。

かなりの長さです。

後ろ足には合わせ目があります。

 

 

頭部のアップ。

額のV、目、上顎のシルバー部分は塗装されています。

顔まわりのパーツ分割、非常によくできていて面白いので、組む際は是非注目して欲しいです。

 

 

口は大きく開閉可能。

アゴの構造がよくできていて、大きく開いても違和感のないシルエットになっています。

 

 

背中のうろこのシルバーは全て塗装での色分け!

それだけでなく、尻尾のゴールドも塗装!

驚愕の塗装箇所です!!!

 

 

尻尾は真っ直ぐな状態だけでなく。。。

 

 

引き伸ばして柔軟に曲げることも可能!

 

 

足はほぼ固定ですが、顔、尻尾のおかげで迫力あるポージングが可能です。

ほぼ固定だったガオリゲーターで、ここまで躍動感出せてるのは感動です。

 

 

さあお次は合体!

3体のパワーアニマルが合体します。

 

 

 

 

ガオハンターイビル

魔獣合体してガオハンターイビルに!!!

 

素組みシール無しでこの色分け再現。

プロポーションも非常に美しく、バランスの良いシルエットです。

 

 

反対側から。

ウロコの色分けのおかげで、背面もかなり豪華な印象。

気になるのはガオリゲーター前足の肉抜きが目立つくらいですかね。

 

 

両サイドから。

自然で力強い立ち姿。

適度に胸板もありサイドショットもかっこいいです。

 

 

頭部のアップ。

狼鬼のようなツノが特徴的な頭部。

下顎のブルー、ツノは成形色ですが、それ以外は塗装での色分けです。

 

 

上半身のアップ。

細すぎず太すぎずちょうど良いボリュームの上半身。

胸部の三日月シルエットも美しいですねー!

 

 

下半身のアップ。

マッシブな下半身。

特徴的なカラーリングもかなり忠実に再現されてます。

 

 

 

 

さらに、初登場時のガオリゲーター頭部が前を向いたフォームも再現可能。

 

必殺技の天地震撼・ビーストハリケーンも完全再現可能です。

 

クレセントブーメランは持たせることも可能。

接続用の穴を使って保持できてます。

 

 

武器のリゲーターブレード。

かなりの大きさで、ポージング次第では重さに耐えられないかもです。

 

 

ガオシャークと異なり、持ち手部分は角度を変えられるようになりました。

そのおかげで、武器を前に突き出すポージングも可能に!!

このおかげでポージングの幅がかなり広がるんです!

 

 

さらに、専用のジョイントパーツを使うことで

劇中通り背中にマウント可能。

かなりしっかりと固定されてます。

 

 

ガオハンタージャスティス

百獣合体した姿、ガオハンタージャスティスももちろん再現可能!

 

 

ツノを収納し、フェイスパーツを展開されることで正義の姿になります。

頭部は全て塗装での色分け。

 

 

頭部以外は同じです。

 

 

お次は可動域の紹介。

頭部は根本がボールジョイント、上部が軸可動。

肩はガオキングとほぼ同じ構造でよく動きます。

 

 

肩関節は前後に大きくスイング可能。

胸を張ったポージングや、手を前に突き出すポージングも楽々可能です。

 

 

ヒジはそれぞれ異なる構造ですが、どちらも二重関節で90度以上曲がります。

腕はロール回転軸あり、左手首は回転します。

 

 

開脚はかなり優秀。

接地性もめちゃめちゃ良いです。

 

 

股関節のフロントアーマーは左右、上下に展開可能。

 

 

お尻の装甲も展開します。

おかげで、前後もここまで動きます。

これは凄すぎます。

 

 

さらに膝関節部分。元はこうなっているのですが。。。

 

 

干渉部分を折りたたむことでヒザの可動域が大幅に広くなります。

 

ヒザは二重関節で、かなり深く曲げることができます。

ガオキングに似たギミックがガオハンターにも搭載されていました。

 

 

付属のシールはたったこれだけ。

肩のカラーリングやこまかな色分けを補う程度です。

 

 

ってことでポージングを何枚か!!!

もうね、何させてもかっこいいです。

 

 

元デザインの良さをしっかりと残しながら、驚異の色分け再現や数々の内蔵ギミックで

ポージングが決まりまくるガオハンターに仕上がっています。

 

イビル、ジャスティスだけでなく、武器の背中マウントもしっかりと再現。

両腕はただのマイナーチェンジではなく、武器の角度調整などブラッシュアップされたものになっていました。

 

共通ジョイントで、他のパワーアニマルとの連動も可能。

文句の付け所がないです。素晴らしい。

 

 

単体で買っても、これまでのシリーズと並べても楽しめる、素晴らしいキットでした。

是非手にとってください!!!!

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category