【SMP・ガオマッスル】筆塗りで細かな色分け再現!調色して見分けのつかない仕上がりに!マスキング玉も紹介します!


こんばんは

今日もクタクタ tomoshoo(@tomoshoo1) です。

良い感じです。

 

 

ということでガオマッスルの塗装進めていきます。

【SMP・ガオマッスル】5~6周目のマスキング&塗り分けでマスキング塗装全て完了!長かった…。

長く辛いマスキング塗装をようやく終わらせ、

ようやく一息。。。。

 

 

といきたいところですが、そんなに甘くありません。

弱肉強食の動物界は厳しいのです。

 

 

まだ塗り分けないといけないパーツは山ほどあります。

今回は筆塗りで細かな色分けを再現していきたいと思います。

使うのはいつものようにタミヤの筆。

この価格でこの品質の筆が日本全国どこでも買えるって実際すごいです。

 

 

まずは金色から。

これまでレトリビューターアーマー単色で筆塗りしてましたが、

ガイアのスターブライトゴールドと比べて赤みが強すぎる印象だったので

リベレーターゴールドという塗料と混ぜることで色味を調節してみることにしました。

 

 

そして筆塗りしてみたものがこちら。

縁のゴールドはガイアのスターブライトゴールド。

中の模様は調色したシタデルカラーです。

慎重に調色したので全く色味の違いが無くなりました。

 

 

これはマジで上手くいきました。

 

 

その他の模様も筆塗りで仕上げました。

色味全く同じじゃんこれ!!

こんなに違和感なく仕上がるとは思っていませんでしたが、予想以上にうまくいったので

この方法は今後も絶対使います。

 

 

 

 

ゴリラの目も筆塗りで描き入れ。

奥まった箇所の色分けは筆塗りが1番綺麗に仕上がります。

 

 

ダミー用脚部の凹モールドは、エナメル黒を大雑把に塗ってからはみ出た箇所を拭き取るだけ。

マスキングだと時間かかりますが、この方法だと一瞬です。

8箇所もあるのでマスキングなんてしてられません。

 

 

ってなわけで今度こそ全ての色分け作業が終わり!!!

いやああああああ今回はなかなか骨の折れる塗り分け作業でした。

私の塗り分けスキルがさらに向上した気がしますね。

 

 

恒例のマスキング玉がこちら。

直径は約5cm。

 

 

ガオキングの時は4cmだったので、普通に超えましたね。

【SMP・ガオキング】モールドを生かして簡単塗り分け!筆塗りで最後の塗り分け完了!!

4cmと5cmじゃマスキング面積全然違いますからね。

 

 

お次はスミ入れ!

淡々とやっていきましょう。

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category