【スパーミニプラ・ジェットガルーダ】爪内側の肉抜き穴処理・ディテール再現!!


こんばんは

また温泉行きたいtomoshooです。

楽しかった。

 

 

ということでスーパーミニプラ・ジェットマンシリーズの改修進めていきます。

今回はこちら。

ジェットガルーダの爪というか手です。

グレートイカロスの手でもあります。

 

 

このパーツ、内側はがっつり肉抜きされてるんです。

先端付近にはモールドもあるのですが、それ以外はディテール無しです。

 

単体でも合体時でも拳になる箇所で、ポージングの際結構内側が目立つので

ここはディテールを再現しつつ、立体的なディテールを再現してきましょう!!!

 

 

ということで、まずはプラ板を切り出します。

切り出しに使うのはいつもの組み合わせでT定規とプラカッター。

最近このアイテムの登場頻度高いです笑

 

 

今回はただ切り出すだけではなくて、パーツの溝の幅に合わせてスジボリを入れてます。

このスジボリが、爪内側のディテールになるわけです。

 

パーツの切り出しも、スジボリも全てプラカッターとT定規でできちゃいます。

この組み合わせ最強すぎる。。。

 

 

 

 

あとは、パーツの大きさに合わせてプラ板を切り出して。。。

 

 

接着させます。

ここの接着には流し込み接着剤を使いました。

 

 

最後に、出っ張った個所を。。。

 

 

削り落として形状を整えたら完成です。

パテを一切使わずに、入り組んだ形状かつディテール入りの肉抜き穴処理をすることができました。

 

 

反対側も同様に改修しました。

この肉抜き処理をパテでやろうと思ったら超大変ですが、プラ板に

一工夫加えることで比較的簡単に精度の高い造形を作れました。

 

こんな感じで、適材適所で知恵を振り絞りながら肉抜き処理をしていってます。

 

是非お試しあれ!!

 

 

ということで今回は以上です。

それでは~ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category