【スーパーミニプラ・ガオガイガー】製作過程まとめ!!!


こんばんは

今回の撮影は手強そうなtomoshooです。

がんばるんば。

 

 

ということで今回はガオガイガーの製作過程を一気に紹介していきます!

 

それぞれ記事のリンクを貼っているので、

気になった記事は是非詳しく見てみてください!

 

 

フロントアーマーを左右で別パーツ化させました。

ガンプラでは定番工作ですね。

 

 

 

ディバイディングドライバーの後ハメ加工を行いました。

これで塗り分けが楽になります。

 

 

ライナーガオーの後ハメ加工を行いました。

クリアパーツを含むパーツ構成はできる限り後ハメできるようにしておきたいです。

 

 

ギャレオンの前足の後ハメ加工を行いました。

これはお手軽改修でしたね。

 

 

ドリルガオーの製造番号を消していきました。

ついでに整面もきっちりと行いました。

 

 

肉抜き穴埋めを行うパーツに、パテを盛っていきました。

できるだけ早めに行いたいですね。

 

 

パーツの表面処理を終わらせました。

ステルスガオーは特に気合いを入れて表面処理しました。

 

 

肉抜き穴埋めを行なったパーツを全て紹介しました。

面積はかなり少なめでしたね。

 

 

まずはクリアパーツの塗装をしました。

しっかりと乾燥させます。

 

 

ガオガイガー2との同時製作でパーツ数があまりにも多いため、

まずは黒いパーツの塗装を終わらせました。

ステルスガオーは早めに塗り分けも終わらせちゃいました。

 

 

赤いパーツはキャンディ塗装で仕上げました。

手間はかかりますがとても美しい仕上がりになります。

 

 

 

 

基本塗装を進めていきました。

2色のゴールドを使って塗装しています。

 

 

ディバイディングドライバーのパーツを無くしてしまい、おゆまるで複製しました。

最終的には見つかったので、無駄足となってしまいました。

 

 

基本塗装がやっと終わりました。

凄まじいパーツ数でした。

 

 

クリアパーツだったベースを、重厚感のある金属風に仕上げました。

ドライブラシでそれっぽくしてみました。

 

 

マスキング塗装を進めていきました。

細かい作業が続きます。

 

 

まだまだマスキング塗装です。

ヘルアンドヘブン用の手は、バリエーションを出してみました。

 

 

一気にスミ入れを行いました。

思ったよりも楽でしたね。

 

 

今回のマスキング量の紹介です。

2キットにしては少ない方でした。

 

 

ということでスーパーミニプラ・ガオガイガーの製作過程を一気に紹介していきました。

 

改修は基本的に後ハメ加工がメインでしたね。

肉抜き穴埋め箇所も少なかったですし、クオリティの高さを感じさせるキットでしたねー。

 

 

いよいよ撮影なのですが、

ボリュームかなり多くて大変そうです。。。

 

慣れない新カメラで撮影がんばります。

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category