【MODEROID・グラディオン】素組みレビュー!!


こんにちは

年内にやりたいことが多すぎるtomoshooです。

だらだらしてられません!!

 

 

ということで今回は素組みレビュー。

紹介していくのはこちらです!!!

 


MODEROID

グラディオン


電脳冒険記ウェブダイバーに登場する主人公グラディオンが、MODEROIDにて立体化です!

 

 

グラディオンといえば、当時の玩具は変形するロボでありながらTVに繋げばゲームもできてしまうという

今思い出してもユニークなシリーズでした。

 

シリーズを通してデザインに統一感があり、かつ各ロボの変形・合体ギミックも面白い。

そんなグラディオンシリーズが立体化されるなんて、世代直撃の私からすると感激ものです。

 

 

表は、劇中の線画を彷彿とさせるイラストのパッケージ。

 

 

反対側はCGでの紹介です。

 

側面をぐるっと一周。

ずっと楽しみにしていたキットがようやく届きました。

 

 

組み立てたものを紹介していきます。

 

 

グラディオン

まずは素立ちから。

今回もいつものようにシールを貼らず、組んだだけの状態。

 

プロポーションも文句なし、立ち姿も非常に綺麗です。

 

TVに繋いで遊ぶギミックはもちろんありません笑

 

 

反対側から。

背面もパーツ分割による色分けされています。

気になる肉抜き箇所は腕のグランブラスター内側程度です。

 

 

両サイドから。

ナチュラルなS字立ちが可能。

変形もしっかりこなすのに、各部細かな調整が可能です。

 

 

頭部のアップ。

こちらの頭部は形状重視の非変形タイプ。

頭頂部のグリーンは成形色、それ以外のグリーンは塗装による色分けです。

目は色分けされておらず、シールでの再現となっています。

 

 

続いてこちらは変形タイプの頭部。

展開して通常時の頭部も再現可能です。

ビークルモードへの変形時もこちらの頭部を使います。

 

 

左が非変形タイプ、右が変形タイプです。

比べてみると色々と形状が異なるのがわかります。

非変形タイプは変形ギミックがない分、より劇中のフォルムに近いですね。

 

 

変形タイプの頭部を展開して通常時に。

劇中通りの展開方法で顔が露出します。

ひたいと頬のグリーンは塗装で、目は同様にシールでの再現です。

 

 

上半身のアップ。

胸、肩と細かなカラーリングがパーツ分割で再現されています。

カラーリング完全再現とまではいきませんが、複雑な色分けをここまで再現してくるのはすごい。

 

プロポーションも良好ですね。

 

 

背中には取り外し式のフタがあり、中には謎のジョイントが。。。

単体での変形には使わない箇所で、今後の展開も期待させてくれる構造です。

 

 

下半身のアップ。

太もものグリーンは塗装。

腰やスネ部分の色分けはシールで再現する方式です。

 

角張ったデザインですが、自然な立ち姿が可能です。

 

 

ふくらはぎ部分は通常時は空洞が目立つのですが、専用のカバーパーツが付属。

すっきりとした見た目になります。

 

 

手首は握り手、開き手、決めポーズ用の手の3種類。

どれも両手分付属します。

 

 

 

 

お次は武器の紹介。

まずはグランブレード。

刃先のカラフルなカラーリングは省略されています。

 

 

持ち手のパーツ分割は細かいです。

とはいえ、こちらも若干は色を塗り分ける必要があります。

 

 

刃先は長い見栄え用と短い変形用の2種類が付属。

簡単に差し替えることができます。

 

 

グランブレードが変形したグランマグナム。

劇中では変形しますが、別パーツでの再現となっています。

こちらも白い部分は細かく塗り分ける必要がありますね。

 

 

反対側も造形は問題無し。

気になるのは合わせ目程度ですね。

 

 

グランシールド。

色分けはシールでの再現となっています。

 

 

こちらは完全変形版なのですが、若干厚みがあります。

 

 

青いパーツは着脱可能になっており、取り外すことですっきりとしたフォルムに!

こちらのほうが劇中のフォルムに近いですね。

 

 

厚みもなくなり、よりポージングさせやすくなっています。

完全変形版、見栄え版どちらもちゃんと持たせることができるの良いですね。

 

 

ビークルモード

変形して機関車型のビークルモードに。

頭部、武器など変形版のものを使うことで、完全変形でこのフォルムになります。すごすぎる。

 

 

反対側から。

背面も気になる箇所なし。

めちゃめちゃ綺麗にまとまってます。

 

 

両サイドから。

なにこの完璧なフォルム。

これ、完全変形ですよ!?

 

グラディオンシリーズの独特なテイスト満載の機関車、たまりません。

 

 

先頭部分のパーツ分割も良くできてます。

中央のエンブレムの造形も細かくて、スミ入れ映えしそうですね。

 

 

煙突の造形も良し。

内部はちゃんと空洞になってます。

 

 

動輪はコロ走行無しで、固定です。

主連棒の造形もあり、機関車っぽさ満載です。

 

 

付属のシールはこちら。

細かなアクセントやラインのカラーリングをシールで補う方式ですね。

 

 

シールで再現となった目は眼孔の開いたものと閉じたものの2パターンが収録。

しかも大量の予備まであります。これだけあれば絶対的に安心ですね。

 

 

さらに縁の黒がないバージョンまで付属。

こちらは自分で切り出して貼るパターン。

塗装派はこちらを使っても良さそうですね。

 

 

 

 

一通り紹介が終わったので、グラディオンのポージングをたくさん!!!

完全変形するとは思えない可動域の広さに加えて、

手首、武器とバリエーション豊富なので

ポージングの幅はかなり広く、めちゃ遊べます。

 

 

素組みレビューは以上です。

ついに発売となったMODEROID・グラディオン。

まずはなにより、完全変形で機関車型↔︎騎士型が実現できるのが凄すぎる。

どちらも文句なしの完璧なフォルムで、変形が実現できています。

 

 

人型のプロポーション、独特なカラーリング再現もかなり良くできており

シールや塗装で多少色分けを補うだけであの劇中のグラディオンが蘇ります。

 

 

さらに背面には今後の展開を期待させる謎のジョイントもあり、続編も大いに期待したいところ。

 

 

年末にすごいキット出ましたわ。。。

おすすめです!!!

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category