【ゴライオン&ゴッドマーズ】筆塗りで最後の色分け!!


こんばんは

山場を越えてひと段落なtomoshooです。

とはいえまだまだ工程は残っています。

 

 

ということでゴライオンとゴッドマーズの製作進めていきます。

前回までで、一通り全てのパーツのマスキング塗装による塗り分けが終わりました。

特にこいつには手間をかけさせられました笑

 

 

やっと終わったマスキング塗装。

ですが、実はまだ色分けを完全に再現できていないのです。

 

終わったのは、あくまで「マスキング塗装による」色分け作業。

最後の塗り分け作業として、「筆塗りによる」塗り分け作業が残っているのです。

 

 

筆塗り対象パーツはこれだけ。

ロボの目の塗り分け+αって感じです。

ゴッドマーズの目の部分は、面積が小さいだけでなく奥まった箇所にあり、

マスキングだとうまく塗り分けられないと判断し、筆塗りすることにしました。

 

ゴライオンの目の部分も、絶妙な曲線には筆塗りの方が適しているという判断のもとです。

 

 

使うのはシタデルカラー。

右側のレトリビューターアーマーという名前の金色の塗料、

私が愛用しているガイアのスターブライトゴールドと色味がめちゃめちゃ似てるので、

細かい箇所の筆塗りに最適なんです。

ほんとこの組み合わせ最強。

 

 

ゴッドマーズの目は黄色で統一。

下地が赤でも綺麗に発色します。

 

 

 

 

こんな感じで奥まった箇所のマスキング塗装は失敗することが多いんですよね。

細い筆を使えば、正確に塗り分け可能です。

 

 

緑獅子の顎のゴールドのワンポイントをシタデルカラーで塗り分け。

目はガイアのスターブライドゴールド、顎はシタデルのレトリビューターアーマー。

ほとんど違和感を感じないくらい色味似てますよね。

 

 

ゴライオンの目のゴールドも、綺麗に塗り分けられました。

レトリビューターゴールドは、希釈させずに

表面張力を利用して盛るようにして塗ると綺麗に仕上がります。

 

 

遂に。。。

遂にこれで全ての色分けが終わりました!!!

今度こそ色分け作業完了です。

 

 

休む間もなく、お次はスミ入れ作業に入りますよーっと。

 

 

ということで今回は以上です。

それでは~ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category