【ミニプラ・ハカイジュウオー】エナメル塗料を使って細かな銀ラインの色分けを簡単&綺麗に再現していく!!


こんばんは

焼肉食べた tomoshoo(@tomoshoo1) です。

最高の店を見つけました。

 

 

ということでハカイジュウオーの塗装進めていきます。

【ミニプラ・ハカイジュウオー】肩パーツと一騎打ち!5~7回目の塗り分けで全パーツのマスキング塗装が終わりました!

前回でマスキング塗装がようやく終わりました。

マスキング塗装は終わりましたが、塗り分け箇所はまだまだ残っています。

 

 

それがこれ。

翼内側の網目状の模様です。

今は、ラッカー塗料でシルバーを吹き終わった状態。

 

 

 

本来のカラーリングは、黒い下地に細い線のみがシルバー。

マスキングでの網目状の塗り分けはすごく大変そうなので、立体的なモールドを生かして塗り分けたいと思います。

 

 

使うのはエナメル塗料の黒。

スミ入れでいつも使っているやつです。

スミ入れに適した濃度に希釈済みなので、そのままエアブラシで吹ける状態ですね。

 

 

 

 

クレオスの瓶、たれなインナーCapを取り付けてますがタミヤの塗料です。


エナメルの黒を、エアブラシでシルバーの上から全体的に吹き付けていきます。

最終的にふき取る必要があるので、必要以上に厚吹きしないのがポイント。

 

 

そして次に使うのは、綿棒です。

綿棒にエナメル塗料を含ませて、凸モールドの黒を拭き取っていくと。。。

 

 

シルバーを塗り分けることができるんです。

マスキングで塗り分けるより百倍楽ですし、

凸モールドなので失敗なく綺麗にふき取ることができるんですねー。

 

 

そしてようやく。。。

 

 

翼の塗り分けが全て完了しました!!!

翼の形状を改めてみると、ほんと入り組んだ構造してますよね。

しかも配色も複雑。

 

 

改修、表面処理、塗装と、翼には苦労させられましたわ。。。

次回は筆塗りで最後の色分け再現です。

 

 

ということで今回は以上です。

それでは~ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category