【ミニプラ・キュウレンオー】頭部の可動域拡大


こんばんは

作例を見ていると、早くキュウレンオー完成させたくなってきたtomoshooです。

こだわるところはこだわって、

あとはサクッと仕上げます。

 

早速今回からキュウレンオーの改修進めていきます。

今回改修していくのはこれ!!

頭部です。

造形も色分けもなかなか優秀です。

 

1つだけ気になるのは、

軸回転しかないということです。

これで顎が引けるようになったら、もっとキリッとカッコよく決まるはず!!

ということで頭部の可動域を拡大させて、顎を引けるようにしていきます。

 

 

 

 

使うのはこれ。

ロールスイングジョイント小です。

私の大好きな改造用パーツです。

 

 

ボールジョイントと軸受けのパーツを使用します。

クリアランス確保のために、片方の接続軸は切り取っておきます。

 

ボールジョイントを、胴体の首の部分に仕込んでいきます。

赤いパーツを取り外せば本体側の改修は完了です。

 

 

 

そこに、先ほどのボールジョイントを仕込んでいきます。

見えない箇所なので、パテを使ってしっかり固定させました。

 

 

あとは頭部側の加工です。

接続用の軸に。。。

 

 

ピンバイスで穴を開けます。

 

 

穴を開け終わりました。

頭部側の改修もこれで終わりです。

 

 

ひとまず仮組してみましょう。

こんな感じに仕上がりました。

違和感なく仕上がっています。

 

 

真横から見るとこんな感じ。

かなり前方に傾くことができるようになりました。

 

 

ボールジョイントなので、

斜め方向を向いた時もちゃんと顎引けます。

若干ですが、上を向くことも可能になりました。

 

改修はこれで以上です。

顎を引けるだけで、素立ちが一段とかっこよくなるので

是非取り入れてほしい改修でした。

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category