【ミニプラ・キュウレンオー2】制作過程まとめてみました!!


こんばんは

キュウレンオー2の完成度に満足しているtomoshooです。

今回もなかなかカッコよく仕上がりました!

 

ということで今回はキュウレンオー2についてです。

キュウレンオー2の制作も一通り終わりましたので、

今回は制作過程を一気に紹介していきたいと思います!!

 

いつものように、タイトルと画像クリックで制作記事にジャンプできます。

 

まずはワシボイジャーのくちばしパーツの後ハメ加工をしました。

超お手軽改修です。

 

 

ワシボイジャー翼パーツの製造番号ディテールが省略されている箇所を再現していきました。

ちょっと難しかったです。

 

 

肉抜き穴埋め箇所にとりあえずパテを盛っていきました。

今回結構多かったですね。。。

 

 

ワシボイジャーの翼パーツの後ハメ加工をしていきました。

こちらも超簡単改修です。

 

 

サソリボイジャー尻尾の、複雑形状を再現していきました。

この一手間が完成度をグッとあげてくれます。

 

 

できるパーツから、合わせ目消しを行なっていきました。

乾燥時間が必要なので、早い段階で行なっていきましたね。

 

 

 

 

テンビンボイジャー、ヘビツカイボイジャー足の内側の

複雑な形状を再現していきました。

これはひたすら丁寧に整形していきましたね。

 

 

ヘビツカイボイジャーの武器パーツの延長+鋭角化を行いました。

面倒ですが効果は絶大だと思います。

 

 

ワシボイジャーの翼の隙間のプラを削り落としていきました。

指が痛くなりました。

 

 

サソリボイジャーの製造番号を消していきました。

削るだけの簡単改修です。

 

 

ワシボイジャー脚部の内側の形状を再現していきました。

これ結構面倒でしたねー。

 

 

 

 

肉抜き穴埋めパーツを一気に紹介していきました。

このときが1番辛い時期でしたねm(_ _)m

 

 

パーツの表面処理・洗浄を終わらせ、先にクリアパーツに塗装しました。

クリア吹くだけでいっきに高級感が出るのでオススメです。

 

 

キュウレンオー2の下地塗装についてです。

黒下地で重厚感を出します。

 

 

キュータマの合わせ目を消すために、先にクリア部分をマスキングしておきました。

これ大切です。

 

 

 

 

塗装についての記事です。

こちらは基本塗装。

オレンジいい色です。

 

 

ヘビツカイボイジャーの独特な色味の再現方法についてです。

劇中の独特な色味を再現しました。

 

 

1回目のマスキング塗装。

 

 

マスキング塗装完了です。

 

 

塗装も終わったので、スミ入れについて紹介しました。

赤系統のパーツにスミ入れをしました。

 

 

スミ入れも全て終わらせ、細かい箇所の塗り分けを行いました。

目は気合い入れて塗りました。

 

制作記事はこんな感じです。

 

細々した所も改修してたらいつのまにか1ヶ月以上かかっちゃいました笑

撮影しないとなー( ´θ`)

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category