【ミニプラ・プテライデンオー】太もも内側のディテール再現!


こんばんは

プテライデンオーは本当に面倒だったtomoshooです。

二度とやりたくないですね笑

 

 

ということでプテライデンオーの改修紹介していきます!

今回はここ!!!

太ももの裏側です。

ご覧の通り、ほとんど全ての箇所が肉抜きされています。

にもかかわらず、プテラゴードン時はとても目立ってしまう箇所なんです。

 

 

複雑な形状なのでパテで埋めると削り出し時に不必要にディテールを損ねてしまいそうで怖かったので、プラ板をひたすら切り出して貼り付けていくことにしました。

これなら失敗することはないですからね。

 

 

 

形を型取ってプラ板を切り出してを繰り返した結果、こんな感じに仕上がりました。

スリット入りプラ版や普通のプラ版を組み合わせてそれっぽく。

右端の肉抜きはパテで埋める予定です。

厳密にいうと異なる形状なのかもしれませんが、それっぽく仕上がったのでこれで十分です。

どうせ同じ色で塗りつぶす箇所ですしね笑

反対側も同じように仕上げました。

さらっと書いてますけど、この作業かなり面倒でした。

曲線の形状をプラ板で切り出すって、なかなか難易度高いんですよ。

 

もっとプラ板切り出し上手くなりたいものです。

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category