【SMP・ガオキング】製作スタート!まずは色々な方法を使い分けて肉抜き個所を埋めていく!!


こんばんは

今回は気合いが入る tomoshoo(@tomoshoo1) です。

再びガオキングを製作する日が来ました。

 

 

ということで今回から、SMP・ガオキングの製作をスタートします!!

【SMP・ガオキング】素組みレビュー&改修箇所洗い出し!!

SMP第1弾ということでかなり気合の入った完成度の高いキットであることはもちろん、

ミニプラ版も製作していますし、個人的にすごく思い入れのあるロボなので

丁寧に作っていきたいところです。

 

 

まずは恒例の肉抜き穴埋めから。

一見肉抜き箇所なさそうですが、細かいところ見ていくと結構気になる肉抜き箇所あるんですよね。

 

 

狭い箇所の穴埋めは、大半が瞬間カラーパテで何とかなります。

パーツの食いつきもよいので、めちゃおすすめ。

硬化スプレーを使えば一瞬で固まるので、すぐ削り出し作業に移れます。

使ったことある人ならわかると思いますが、魔法みたいですよね。

 

 

 

 

面積の広い箇所や削り出ししたいところは、切除性や盛り付けやすさを重視してエポパテ系を使います。

こちらは硬化に時間がかかるので1日放置ですね。

 

 

最後の穴埋めはこれ。

ガオシャークの肩の装飾パーツですね。

 

 

反対側の両端に若干肉抜きがあったので、ここはパテではなくプラ板でフタしておきました。

シンプルな形状なので、プラ板のほうが簡単でした。

ほっっっっっとんど目立たないと思いますけどね笑

 

 

こんな感じで肉抜き個所の処理が一通り終わり。

プラ板を貼った箇所はこれで終わりですが、パテ盛りつけた個所は削り出し作業していきますよー!

 

 

ということで今回は以上です。

それでは~ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category