【スーパーミニプラ・SPパックセット】素組みレビュー・改修箇所洗い出し!


こんばんは

安らかな日々を送りたいtomoshooです。

送りたい。

 

 

ということで今回は素組みレビューです。

紹介していくのはこちら!!!

 


スーパーミニプラ 勇者王ガオガイガー

SPパックセット


プレミアムバンダイ限定で発売された、追加武装セットです。

珍しくロボが入っていないセットで、価格も低めでした。

 

 

まずはパッケージから。

表側は4色のSPパック。

 

 

上面とデザインは繋がっています。

 

 

反対側はペンシルランチャー。

表裏どちらもCGです。

 

 

両サイド。

 

 

組み立てる前に、簡単に紹介します。

今回の塗装済みパーツはこれら。

このガンメタルっぽいシルバー、成型色とかなり色味が近くてよくできてます。

 

 

そして今回一番驚いたのがこちら。

ペンシルランチャーの先端パーツなのですが、とんでもなく小さいです笑

 

 

米粒より小さいので、紛失注意です。

私は小さなジップロックに入れて保管することにしました。

 

 

何気に成型色は6色。

1箱なのに豪華仕様になっています。

 

 

早速組み立てたセット内容一覧がこちら。

かなりカラフルですね。

 

 

シールは、ペンシルランチャーマガジン用のナンバリングのみ。

1~3のうち、好きなものを選んで貼れるようになっています。

 

 

ペンシルランチャー

氷竜および炎竜専用の武器です。

合わせ目などは無い仕様になっています。

 

 

砲身はクリアパーツ仕様。

クリアを吹き付けるだけでさらに良い質感になりそうです。

 

 

先端はそれぞれ氷竜と炎竜の色。

この先端、簡単に交換ができて。。。

 

 

両方同じ色にしてみたり。。。

 

 

オリジナルの風龍、雷龍用にしたりできます。

この辺りはスーパーミニプラだからこそできる遊び方ですね。

 

 

氷竜と炎竜に持たせて。

長さがかなりあるので、脇で挟む感じで持たせる必要があります。

 

 

ポージングも可能。

表面処理だけして、サクッと仕上げられそうです。

 

 

 

 

SPパックセット

宇宙空間用の補助パーツです。

氷竜、炎竜、風龍、雷龍それぞれ用意されています。

 

 

色分けは、塗装とパーツ分割でほぼ完璧に再現されています。

 

 

バーニアは別パーツで接続はボールジョイントになっており、

ある程度角度をつけることができますm

 

 

側面には合わせ目があります。

ちゃんと仕上げようと思ったら、ここは処理する必要がありますね。

 

 

超竜神と撃龍神に取り付けて。

どちらも隙間なくスポっとハマります。

 

 

まずは宇宙仕様の超竜神から。

両肩が一気にボリュームアップしました。

 

 

上半身のアップ。

干渉するため、腕の可動域はかなり狭くなります。

 

 

反対側から。

後ろ側もしっかりと色分けされています。

 

 

両サイドから。

接続の際は、塗装剥げに要注意です。

 

 

宇宙仕様の撃龍神。

プラの成型色は全く同じ仕様です。

 

 

上半身のアップ。

左腕が干渉しまくりで、まっすぐ腕を下すことはできません。

 

 

反対側から。

形状は超竜神用のものと同じです。

 

 

両サイドから。

バーニアはそれぞれ独立可動します。

 

 

どちらも本体と同じ成型色が使われており、違和感のない仕上がりになっているの良いですね。

取り付けは差し込んで固定させる方式なので、

クリアランス調整はかなりきっちりやらないと塗装剥げが起こりそうです。

 

 

素組みレビューは以上です。

追加武器だけがラインナップされた今回のSPパックセット。

クリアパーツ、パーツ分割と塗装で、ほぼ完璧な色分けが再現されていました。

 

ペンシルランチャーの先端やシールは好きな仕様にできるようになっており自由度も高め。

肉抜き箇所などもなく、合わせ目処理と表面処理だけで十分な仕上がりになりそうです。

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category