【公式更新情報】そんなこだわりがあったなんて…ギガントホウオーレビューその2!


こんばんは

身長高めのtomoshooです。

低くはないです。

 

 

ということで今回はスタッフブログについて。

ギガントホウオーのレビュー記事後編ですね。

今回は変形後の紹介が中心です。

 

 

ということで、独り言をぶつぶつ言いながら見ていきましょう!!!

まずはギガントホウオーの可動域についての紹介です。

首、肩、ひじ、腰、膝、足首と動いて欲しい箇所は全て動きます。

 

 

ハイキックできたんだ。。。

足首がかなり柔軟なので確かにいけますね。

 

 

頭部のボールジョイントについても詳しく紹介されていました。

ボールジョイントは、衝撃を受け流してくれるので安全面でもグッドらしいですね。

 

 

ポージングの幅も広がり、安全性も高まる。

 

 

ボールジョイント無敵じゃないですか。

 

まあそんなこともないですけどね笑

保持力が弱くなりやすかったりしますけど、頭部程度であれば全く問題ないです。

 

 

あとは、腰の銃的な造形。

銃が回転するおかげで、鑑賞することなく腰を回転させることができるんですねー。

 

 

素組みレビューでも紹介しましたが、青いパネルを差し替えることができるようになっています。

このギミック、開発の終盤で取り入れられたギミックだそうな。

金型も彫られた状態で、よく変更が効きましたね。。。

 

しかしこれはあるとないとでは大違いですよね。

手についたままだと、かなり違和感のあるポージングになってたんだろうなーって思いますね。

 

N岸さん、グッジョブです。

 

 

 

 

股間の隙間隠しパーツ。

 

背中に接続できるようになっているため、余剰なしになるんですねー。

これは素組みレビューでも紹介しましたね。

 

 

最後は1番驚いたギガントブレードのこだわり。

ポージングさせると、二刀流でもちろんかっこいいです。

 

 

 

このギガントブレード、見栄えように長さが長く設計されていたんですね!!!

これは全然気付きませんでした。

 

 

短いバージョンと比べてみるとこの違い。

比べてみると違いが顕著ですね。

明らかに右のほうがさまになってます。

 

 

次回の記事ではマイクロ合体版キューレンオーのレビューですね!

今年のミニプラEXシリーズはどんな仕上がりなんでしょうねー!

 

もしかしたら、次弾のミニプラの情報も公開されるのかなー。。。

 

 

楽しみです!!

スタッフブログはこちらです。

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category