【ミニプラ・虎龍攻神&オミコシフェニックス】キジンソードのがっつり肉抜きをなんとかしたい!プラ板を切り貼りして形状を再現していく!!


こんばんは

苦戦させられた tomoshoo(@tomoshoo1) です。

なかなか手間のかかる作業でした。。。

 

 

ということで虎龍攻神&オミコシフェニックス改修やっていきます。

【ミニプラ・虎龍攻神&オミコシフェニックス】プラ板とパテを組み合わせることで、神盾撃器の奥まった空洞をきっちりカッチリ処理していく!!

前回は立体的な肉抜き処理をしていきました。

パテだけだとこの形状は作りにくいんですよねー。

 

 

今回は最後の山場改修。

手を加えていくのはこれ。

必殺技再現用の巨大キジンソードです。

3パーツ構成になっているのですが、収納するために分解させたいので一体化はしません。

 

 

気になったのは、反対側のがっつり肉抜き。

サイズがサイズだけに、これだけの肉抜きはさすがに見逃せません。。。

 

 

パテでの穴埋め作業も考えたのですが、キジンソードって実は複数面で構成されており

複雑な形状をパテだと再現しづらいなと思ったのです。

 

 

ここは出来るだけ軽量化させる必要もあるパーツですし、

パテではなくプラ板の切り貼りで、1面1面丁寧に造形を再現していくことにしましょう!!

 

 

 

 

まずは肉抜き個所にマスキングテープを貼ります。

 

このマステがそのままガイドになるので、境界線を意識しながら貼り付けていきました。

 

 

次に、マステをプラ板に貼り付けていきます。

マスキングテープをなぞるようにプラ板を切り出して。。。

 

 

3枚のフタが完成しました。

マステガイドのおかげで綺麗に切り出せたので。。。

 

 

 

 

キジンソード本体に貼り付け。

刃先には切れ目を入れて1段階深く折り曲げてます。

 

上部の小さな形状も1つ1つプラ板切り出して貼り付けてます。

 

 

これでドンブラパラダイス用キジンソードのガッツリ肉抜き処理が全て完了。

手間はかかりましたが全てプラ板を使って蓋を作ることで、

できる限り軽量化かつかっちりしたディテールを再現することができました。

 

 

マスキングテープを使ったトレース方法はお手軽で試しやすいのでおすすめです。

ぜひお試しあれ。

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category