【ミニプラ・ツーカイオー】リッキー武器を丸ごと作り直しで立体感のある造形を再現していく!


こんばんは

夏バテしそうな tomoshoo(@tomoshoo1) です。

外出した時の体力消費がやばい。

 

 

ということでツーカイオーの改修やっていきます。

今回はがっつり改修です。

 

 

改修していくのはこれ。

リッキーの武器であるガトリング銃です。

この写真見ても分かる通り、がっつり製造番号入ってます。

 

しかも5本のシリンダーがつながった造形になっており、立体感が損なわれているんですよね。

 

 

さらに銃口は開いてません。

カッタナーの武器もですが、リッキーの武器も気になるところ多いです。

こちらも重要な装備なので、しっかりを手を加えていきましょう!!

 

 

まずは合わせ目消しまで終わらせた状態から。

【ミニプラ・ツーカイオー】黒い流し込み接着剤でパーツの合わせ目を消していく!!

段差の多い造形で、合わせ目消しの時点で結構手間かかってます。

ここから意を決して、

改修やります。

 

 

 

 

リューターを使って。。。

 

ガトリングを3分割にぶった切ります。

両端のパーツは使って、中央のシリンダー部分は使いません。

その代わりに、シリンダーを自作します。

 

 

次に、プラ棒とプラパイプを同じ長さで5本切り出します。

直径の長さは同じものを使うのがポイント。

これで材料は揃いました。

あとは接着させるだけです。

 

 

パーツを全てくっつけて、こんな感じにガトリング銃を作り直しました。

シリンダーの立体感も出て、より説得力のある武器に生まれ変わりました。

 

 

銃口部分にはプラパイプを使っているので、文句なしのディテール。

薄く均一な穴の開いた、完璧な銃口です。

 

 

全て手作業で行ったのですが、

シリンダーを等間隔に、並行に、垂直に固定するのがすごく難しかった。

多分もっときれいに仕上げる方法あるのかもしれないですが、私にはこれが限界でした。。。

 

 

 

 

まだ終わりません。

この奥まった箇所にある製造番号を消していきます。

出っ張った箇所であれば削り落として終わりなのですが、奥まった箇所なので削りにくい。

 

 

ってことでプラ板を切り出して。。。

 

 

貼り付けちゃいました。

そこまで目立たない箇所なので、これで十分です。

 

 

今度こそガトリングの改修完了。

無改修と比べると、かなり見栄え良くなったかなと思います。

 

 

プラ棒とプラパイプがあればできるので、是非お試しあれ!!!

 

 

ということで今回は以上です。

それでは~ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category