【ミニプラ・キシリュウオースリーナイツ】トリケーン角の大型化・鋭角化!


こんにちは

個人的山場改修のtomoshooです。

ここ大事です。

 

 

ということでキシリュウオースリーナイツの改修やっていきます。

今回はこれ!!!

トリケーンの一番大きな角です。

あらかじめ肉抜き箇所はパテで埋めてあるのですが。。。

 

 

やっぱり先端の丸みが気になります。

剣なのに全く尖っていないですし、サイズ的にも少し小さめな気がします。

もう一回りくらい大きい方が劇中のイメージに近いかなと。

 

 

劇中でもブンブン振り回していて、とても印象的な箇所なので

ここは気合い入れて作り直していきます。

 

 

今回使うのは瞬間カラーパテ。

初登場のツールですね。

 

単純な形状の延長や大型化の場合は、

プラ板を貼り付ける方法で改修していますが、

【スーパーミニプラ ・ルパンカイザー】パズソーの延長+鋭角化!!

今回は剣全体を一回り大型化させたいと思っているため、

柔らかい素材を使うことにしました。

 

 

この瞬間カラーパテ、様々な色があるのですが

後でサフを吹くというのもありますし、

凹凸を確認しやすいサーフェイサーグレーを使います。

私がいつも使っているガイアのサフと同じ色です。

 

 

まずは、瞬間カラーパテを剣の縁に沿っていく感じで盛りつけます。

粘性の高い瞬間接着剤なので、硬化スプレーを吹き付ければすぐに硬くなります。

盛っては固め、盛っては固めを繰り返すことでパテを盛り付けていきます。

瞬間接着剤なので、プラへの食いつき、強度もかなりあります。

 

あとは、劇中のシルエットを参考に慎重に削りこんでいくだけです。

 

 

 

 

約3時間、テレビと実物を交互ににらめっこして

粉だらけになって削り込んだ結果がこちら。

根元から先端まで、満遍なく大型化させた上に

削りこんで尖らせました。

 

 

中心部はマジックスカルプ、外側は瞬間カラーパテと

色々な素材で形成されています。

いい感じの形状に仕上がりました。

 

 

反対側も同様に成形完了。

表裏同じにするのって、微調整の連続でなかなか大変なんです。

 

 

光に透かして厚みチェックもバッチリ。

縁の部分だけ薄くなって光が透けていることを確認できました。

瞬間カラーパテでもこの手法使えるの、いいですね。

 

 

単純ではない形状の大型化・鋭角化だったので

瞬間カラーパテを使った方法を採用してみましたが

満足いく仕上がりになって一安心です。

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category