【TIPS】ミニプラにABS接着剤は使うなという話


こんばんは

 

昨日の渋谷のポケモン祭りっぷりに驚いていたtomoshooです。

リアルピカチュウもどきがうじゃうじゃいました。

 

 

ということで今回はTIPSシリーズです。

 

今回のテーマは接着剤について

ご存知の方も多いかもしれませんが、

ミニプラの素材はプラスチックではなく、ABSとなっています。

 

ちなみにABSとは、

ABS樹脂(エービーエスじゅし)とはアクリロニトリル (Acrylonitrile)、ブタジエン (Butadiene)、スチレン (Styrene)共重合合成樹脂の総称”

プラスチックの素材の名前ですね。

 

そもそもミニプラは接着剤なしで組み立てることができるのですが、

後ハメ加工や改造などを行うと、接着剤が必要となってくる場面が多くあります。

 

そういったときに、

いったい何の接着剤を使えば良いのか分からない

というかたもいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

そんな方のために、ミニプラを六年間くらい改修し続けている私tomoshooが

ミニプラで用いる接着剤について紹介していこうと思います。

 

 

ABS用接着剤ってどうなの?

ABSの接着だったらそりゃ専用の接着剤だろ!

と思うのは当然のことだと思います。

 

とりあえずこれを使っとけば間違いないと思われがちなのですが、

私、所有はしていますがABS用接着剤は全く使っていません!!

 

 

ということで、私がミニプラ制作にABS用接着剤を使っていない3つの理由ついて書いてみました。

 

 

1.粘度が高すぎる

私がミニプラを制作する際に接着剤を使う主な目的は、

合わせ目を消すためです。

ミニプラはモナカ構造で挟み込んで構成されているものが多く、

合わせ目が目立つものがとても多いのです。

 

なのですが、ABS用接着剤は粘度が高すぎて合わせ目消しには向かないんですよね。

パーツとパーツの隙間にスススーって入っていかないんです。

 

 

2.ミニプラのABSと硬さが違う気がする。

二つ目の理由は、接着剤の成分がミニプラのABSと異なる気がするということです。

基本的にプラスチックやABS用の接着剤って

くっつけたいものの表面を溶かして、

さらに接着剤の中に含まれているプラスチックが解けたものが混ざり合って

がっちり固定できるものだと思うんですけど、

 

どうもABS用接着剤の中に入っている成分と、ミニプラの素材は相性が良くない気がするのです。

 

これを使って合わせ目消しを試みたことはあるのですが、

完全揮発後に表面をやすってみても

合わせ目が全然消えないんです!

 

プラスチック用の流し込み接着剤で合わせ目消しを行った場合は、何の問題もなく合わせ目消えるんですけどね。

 

 

3.そもそも取り扱っているところが少ない

プラスチッック用接着剤であれば、ガンプラを置いてあるところには大抵置いてあると思うのですが、

ABS用接着剤ってあんまり見かけないんですよね。

今時はネットで買う時代なのであまり関係ないといえばないんですけどね。

 

 

 

 

じゃあ何を使えばいいのか!?

結局そこなんですけれども、

 

 

普通のプラスチック用接着剤で全く問題ありません。

むしろそっちの方がいいです。

この辺りですね。

速乾とかハイパワーとか色々種類ありますが、どれも問題なく使えます。

もちろん実証済みです。

 

 

個人的には、これを最近よく使っています。

色付きでお気に入りです。

 

 

あとは、瞬間接着剤も問題なく使うことができます。

食いつきは十分です。

 

 

個人的に超おすすめなのがこれ。

最近瞬間接着剤はこれしか使ってないです笑

 

 

私の接着剤の使い分けについてですけれども、

 

合わせ目消しにはプラスチック用接着剤

普通の接着をする際もプラスチック用接着剤

合わせ目を消せないような広い隙間を埋めたい時はパテor粘度の高い瞬間接着剤

 

といった感じで使い分けています。

 

ミニプラにちょっと手を加えてみたいなあという方は

参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category