【林檎鉛筆】Apple Pencil買ったら夢が広がりまくって楽しすぎた。


こんばんは

自分への投資は大切にしたいtomoshooです。

ここを惜しんではいけません。

 

 

 

ということで今回は、執筆系アイテムについて。

先日購入したiPad。

【至高のタブレット】iPad Pro 11インチ 買いました。

どこでもサクサク記事書けて最高に勝って良かったと思えるアイテムだったのですが、、、

 

 

グリッドマンのこの記事を書いたとき、すごく感じたことがあったのです。

【スーパーミニプラ・グリッドマン】劇中版グリッドマンソードの組み立て方を無茶苦茶丁寧に解説するよ!

それは。。。

 

 

手書きの解説ってあると無いとでは大違いだということ。

写真だけだとどうしても説明しきれなかったことが、

このiPadを使ったイラスト付きだと、いとも簡単に伝えることができたのです。

 

 

ですが、指だとどうしても書きづらい!!!

思った通りに書けないし、線がふにゃふにゃになってしまうんです。

 

 

より良い記事を提供するために、私は投資を惜しみません。

 

 

ということで、早速買ってきました。Apple Pencil。

鬼に金棒、iPadにApple Pencilです。

 

ええ、決して安いペンではなかったですよもちろん。

 

 

いかにもアップル製品って感じのどシンプルなパッケージ。

箱、捨てづらいです。

 

 

中身はApple Pencil本体と説明書のみ。

ついに我が家にやってきました。

 

 

本体色は白のみ。

シンプルかつフラットなデザインです。

重さ、持ちやすさ共に問題無し。

 

実験的に色んなこと書いてます笑

 

 

元の写真はこれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

これはこれで悪くないですが、

写真だけだと伝わりづらいニュアンスを文字で伝えることができます。

 

 

先端は交換可能。

そんなすり減るまで酷使することは無いと思います。多分。

 

 

そして、iPad本体とは磁石での接続。

吸い付くようにピタッと接続される感じがたまりません。

これで、Bluetoothのペアリング、ペンの充電までできちゃいます。

 

 

PC状態にしても、タブレット状態にしても使い心地を邪魔することはありません。

本当によく考えられてる。

完璧なプロダクトです。

 

個人的には黒が出て欲しかった。

 

 

 

 

Apple Pencilでもうちょっと遊びます。

 

正月といえば書き初め。

 

習字なんて習ったことないし、

書き初めなんて小学校の宿題以来やってませんが、

年始の書き初めに向けて、「Zen Brush 2」という有名な水墨画アプリを試してみることにしました。

無料アプリではありませんが、360円なんで実質無料です笑

 

 

画面を分割し、横にお手本を並べてひたすら感じを書きまくりました。

せっかくなので、のどかな日常っぽいワードで。

 

一筆ごとに無限にやり直せるので、

納得いくまでやりなおせば、誰でもそれっぽく書けます。

間違いないです。

 

 

あとは先ほどの写真に。。。

 

 

横書きの文字を組み合わせれば。。。

 

 

あっという間にオリジナルサムネの完成です。

もちろん漢字は直筆です。

これを本当に直筆と呼んで良いかは別として。

 

 

アップルペンシル、マジですごすぎる。

文字書いててこんなに楽しいと感じたのは初めてかもしれません。

 

 

iPad、純正キーボード、Apple Pencil。

 

新たな可能性を模索していきたいと思います。

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category