【至高のタブレット】iPad Pro 11インチ 買いました。


こんばんは

ご褒美タイムのtomoshooです。

先月色々とがんばったのでね。

 

 

ということで今回はガジェット紹介。

我が家に、新たなデバイスが増えました。

iPad Pro 11インチと、Smart Keyboard Folioです。

 

 

今回も受け取りにはOKIPPAを使いました。

【OKIPPA】まだ再配達してるの?アプリ連動型置き配バッグを導入したら快適すぎた。

Apple製品でもちゃんと使えることを実証してみせました。

 

 

タブレット、ずっと欲しいなと思っていましたが

決して安い買い物ではないし、なかなか購入に踏み出せなかったんです。

ですが今回の新型iPadを見て、ついに購入を決意しました。

色々な点を考慮して、もうこれは買わない理由がないという感じでしたね。

 

 

選んだのは11インチの小さいほう。

仕事帰りの電車でもブログを書けるような環境を作って、

少しでも時間を捻出したいというのが一番の購入目的だったので

持ち運び重視で選びました。

 

 

カラーリングはスペースグレイ。

マットでシンプルな質感は超好みです。

 

 

あまり共感してもらえないのですが、

今回の購入の決め手となったのが、このエッジの形状。

今までのiPadとは異なり、角ばったデザインになっているんです。

私は完全に、このエッジに惚れ込みました。

 

これがなかったら、「欲しーなーでもなー」で終わっていたと思います。間違いなく。

 

 

合わせて購入したのが、純正キーボード。

これだけで2万円もするという、超高級ケース兼キーボードです笑

 

 

iPadに取り付けるとこんな感じ。

ひたすらにシンプルかつマットな質感。

iPadとの接続は磁石で、ピタッとくっつく感じが心地よいです。

 

 

 

 

このケース、もう1つ大切な意味がありまして。。。

ケース無しだと、背面のカメラの部分が出っ張っているんですが。。。

 

 

ケースをつけることで初めてフラットになるんですね。

もはや、ケースを購入前提みたいなデザインになってます笑

 

 

折り紙のようにパタパタと組み替えることで、ノートPCのような形状に。

この状態も、磁石でかっちり固定されています。

サイズは本当にコンパクトで、両膝に乗せても十分なスペースが確保できるくらい。

 

 

このキーボードさらに進化していて、

タブレットの角度を2段階で変えることができるんです。

膝の上で使う時と、机の上で使う時それぞれで

最適な角度にできるんですねー。

 

そして性能は私がメインで使用しているMacBoook Airよりも高性能。

メインPCのほうもそろそろ買い替えどきなんですよねー。

 

 

反対側に折りたたむことで、ケースをつけたままでもタブレットとして使えます。

本体いっぱいに広がる画面。

今回のタブレットから、ついにホームボタンがなくなり

ベゼルレスとなったからこそ実現できるこのフルサイズ感。

 

 

様子見でApple pancilはまだ未購入。

新型Apple pancilもよく考えられており素晴らしいプロダクトなのですが、

すぐに必要というわけではありませんし、本当に必要なのかもう少し考えてみます。

 

 

ついに購入したタブレット。

どこでも持ち運べて、むちゃくちゃ高性能。

もちろん見た目は最高で、接続はUSB type-c。

 

このおかげで、真の意味でどこでも記事を書ける環境が整いました。

捻出した時間で製作活動等もっと時間を有効活用していきたいです。

 

 

まだまだ使い慣れていないので、

これからどんどん使い倒していきたいと思っています。

ちなみに今回の画像編集は全てiPadで行なっているんですよ!!

 

 

ミニプラオフ会の出欠確認でも使いますのでお楽しみに笑

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category