【ミニプラ・キョウリュウジン】腕の左右可動機構追加


こんばんは

今日は疲れたtomoshooです。

ゆっくりしたい。。

 

 

ということでキョウリュウジンの製作紹介していきます。

今回はこれ!!

ひじ関節を仕込んだ腕です。

 

 

この腕、無改修のままだと横に上げることができません。

というか、肩と腕の接続は完全固定です。

 

ひじ、肩と関節追加したので、

ポージングの幅を広げるという意味でも、

腕の可動域を増やしていきましょう!!

 

 

 

 

ということで、腕と肩の接続部分を・・・

 

 

こんな感じに削り落として、干渉箇所を無くします。

腕と方は二か所の軸接続だったので、

片方の軸を切り落として1軸接続に。

 

 

するとここまで腕を上げることが可能になりました。

 

 

反対側も同じように改修しました。

可動域は少しでも広いほうがいいですからね^^

 

 

肩パーツ側の削り落としは大変でしたが、

腕パーツの改修は一瞬で終わります。

 

 

ということで今回は以上です。

それでは~ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category