【ミニプラ・バトルシーザーロボ】リューターを使って、ヒザパーツを簡単に後ハメ加工していく!


こんばんは

驚きの連続だった tomoshoo(@tomoshoo1) です。

メカスマすごすぎる。

 

 

ということでバトルシーザーロボの改修やっていきます。

今回はこれ。

ヒザの紫色のパーツです。

内側の肉抜きが目立っていたので、パテで埋め終わった状態です。

 

 

こちらのヒザパーツ、挟み込み式接続で一度組み立てると分解できないんです。

スネの部分に目立つパーツ分割線があり、ここを消すために組んだ状態で接着したいんですよね。

 

数少ない(笑)パーツ分割箇所なので、ここは塗分けの手間を少しでも楽にするためにも後ハメ加工しましょう!

 

 

 

 

今回後ハメ加工に使うのはリューター。

いつもはニッパーとかでちゃちゃっと終わる作業でしたが、今回は少し大掛かり。

 

 

ヒザのパーツを。。。

 

 

こんな感じにカット!!

差し込む方向を意識しながら切り込みを入れていきました。

今回のパーツは厚みがかなりあったので、ニッパーでは切除しきれなかったんですよねー。

 

 

リューターを使えば、力を入れることなく簡単に切り落とせました。

 

 

両足分やれば後ハメ加工は完了。

リューターを持っている方ならお手軽改修、持っていない場合はかなり難しい改修でした。

 

 

私の場合はですが、なんだかんだ1年間に数回出番あるので

リューター、持っておいて損はないツールかなと思います。

 

 

是非お試しあれ!

 

 

ということで今回は以上です。

それでは~ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category