【ミニプラ・バトルシーザーロボ】素組みレビュー&改修箇所洗い出し!!


こんにちは

久々にしっかり動ける休日な tomoshoo(@tomoshoo1) です。

色々こなします!

 

 

ということで今回は素組みレビュー。

紹介していくのはこちらです!!!

 

 


全界合体シリーズPB

バトルシーザーロボ


ミニプラ・ゼンカイジャーシリーズより、

ステイシーザー専用の巨大暗黒ロボ「バトルシーザーロボ」が初の立体化です!!

 

今回はプレミアムバンダイ限定での発売で、完全新規造形となります。

紫を基調としたデザインで、ステイシーザー、ゼンカイザーも描かれています。

 

 

反対側。

 

側面。

 

上部。

紫一色のパッケージデザインです。

 

 

今回はミニプラブランドなのですが、塗装箇所も多数!

頭部も細かく塗り分けられていました。

今までミニプラって顔の印刷などはありましたが、

塗装されたのは初めてなのではないでしょうか?

 

ミニプラ、どんどん進化してきていますね。

 

 

ということで組み立てたものを紹介していきます。

 

 

バトルシーザーロボ

 

ステイシーザーが乗り込む巨大暗黒ロボ。

変形・合体などのギミックがない分、プロポーションや可動ギミックが優秀な仕様になっています。

 

 

反対側から。

背中の造形も細かく再現。

目立つ肉抜き箇所は、拳の裏側くらいですね。

 

 

脚部周りも目立つ肉抜き箇所はなさそう。

合わせ目はそこそこありますね。

 

 

両サイドから。

腰回りがかなり柔軟なので、キレキレのS字立ちが可能。

側面のディテールも良いですね。

 

 

頭部のアップ。

額のバイオレット、顔まわりのシルバー、目は塗装されています。

造形はかなり細かく再現されています。

 

 

頭部を差し替えることで、2世も再現可能。

こちらも顔まわりは塗装での色分け再現です。

 

 

 

上半身のアップ。

胸部の赤いラインは塗装での色分け。

くびれがありスタイリッシュなプロポーションです。

 

 

下半身のアップ。

ボリュームのある下半身。

膝内側には大きな肉抜きがありますね。

 

 

手首は握り手と開き手の2種類。

開き手には水かきのような造形ありです。

 

 

 

 

お次は武器紹介。

暗黒剣は2つに分かれている構造。

刃先のシルバーは塗装されています。

 

 

手に取り付けることで自然な見た目に。

この分割方式は初めて見ました。

 

 

分割方法のおかげで、逆手持ちもすごく自然に決まります。

 

さらにはなんちゃって両手持ちもリアルな仕上がり。

よく見ると柄の長さが違うんですけどね笑

 

 

2つ目の武器、ステイシールド。

黒い箇所は塗装です。

 

 

手首が柔軟なので、自然なポージングで構えさせることが可能。

色分けはシールが大半なので、全塗装するとなるとかなり大変そうです。

 

 

3つ目の武器、ソードシーザー。

2つ付属します。

色分けは全てシールでの再現ですね。

 

 

両手に持たせて。

色分けしっかりと再現したいところですねー。

 

 

ちなみに反対側はガッツリ肉抜き。

ニコイチ改修の出番でしょうか。

 

 

持たせるだけでなく、ヒザに取り付けることも可能。

劇中でもヒザに取り付けられていましたよね。

 

 

付属のシール。

めちゃめちゃ多いですね。

細かな色分けは基本的にシールで補う方式です。

 

 

可動域について。

まずは上半身から。

頭部はボールジョイント接続。

肩は腕側胴体側どちらも動き、並行以上まで上がります。

ヒジは二重関節でかなり深く曲がります。

腕にはロール軸あり。

手首はボールジョイント接続です。

 

 

肩は前方に迫り出し可能。

 

胸部は前後左右にスイング可能。

胸回りの可動がめちゃめちゃ優秀です。

 

 

腰は前方、左右に展開可能。

前方の2箇所はそれぞれ独立で展開します。

 

 

開脚はこんな感じ。

めちゃめちゃ広がります。

足首の接地性はそこそこです。

 

 

ヒザは90度以上曲がります。

ヒジとは異なり二重関節ではないです。

 

 

 

 

一通り紹介が終わったので、あとはひたすらポージング!!

 

 

 

素組みレビューは以上です。

 

 

スーパーミニプラのバルジオンに続き、非変形の悪役ロボが立体化。

【スーパーミニプラ・バルジオン】素組みレビュー&改修箇所洗い出し!!

 

握り手開き手、3種類の武器、2世代分の頭部とオプションパーツが非常に豊富なので

様々なバリエーションでポージングを取らせることが可能。

 

 

可動域の広さも申し分なく、胸部周りもよく動くので様々なポージングがスタイリッシュに決まります。

 

 

造形としてもツッコミどころは少なく、軽く手を加えるだけでしっかりとした完成度に持っていけそうです。

ですが、全塗装前提だと塗り分けはかなり大変そうだなーと思ってます笑

 

気合いで塗り分けるしかないですね!!

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category