【スーパーミニプラ・バルジオン】素組みレビュー&改修箇所洗い出し!!


こんばんは

今回は色々手間がかかりそうな予感のtomoshooです。

ボリュームもパワーアップしてます!

 

 

ということで今回は素組みレビュー。

紹介していくのは、このキットです!!!

 

 


スーパーミニプラ

バルジオン


スーパーミニプラ・バイオマンシリーズより、宿敵ロボのバルジオンです!!

プレミアムバンダイ限定での販売で、1箱で完結します。

 

 

今回は箱の形式が今までと異なり、ガンプラ方式になってました。

底面はデザインなしです。

 

 

側面をぐるっと。

箱の厚みは薄めです。

 

 

DXっぽく、持ち手のデザインがあるの面白いですね。

もちろん持ち手はついてません。

 

 

組み立てる前に紹介。

変形・合体ギミックなしのロボ1体だけということで、ランナーの数こそ少ないですが

全ランナーに塗装箇所があり、かなりの塗装ボリュームでした。

 

 

塗装済み率100%って初めてな気がします。

 

 

早速組み立てたものを紹介していきます。

 

 

バルジオン

スーパーミニプラ戦隊シリーズ初となる敵ロボの立体化!

変形・合体などのギミックはなく、シンプルな人型のロボです。

 

 

プロポーションは、劇中そのままというより

主役機であるバイオロボに合わせたものになっています。

【スーパーミニプラ・バイオロボ】素組みレビュー&改修箇所洗い出し!!

ライバル同士ですが、カラーリング、プロポーションと統一感があって良いです。

 

 

反対側から。

背面も塗装済み箇所多数。

合わせ目箇所は多数見当たりますが、肉抜き箇所はほとんど気にならなそうです。

 

 

両サイドから。

綺麗なS字立ち。

造形的に気になる箇所ないですね。

 

 

 

頭部のアップ。

細かく塗装されている頭部。

 

目、口周りのシルバーは塗装。

ヘルメット部分の黒も塗装で、顔まわりの黒は成形色となっています。

 

額の赤はシールでの色分けでした。

 

 

上半身のアップ。

プロポーションは割とスリムな上半身。

肩アーマーが大きいので、ボリュームがあります。

 

首周りの赤いアクセント、肩の白・赤、胸部の白は塗装されています。

 

 

胸部は展開し、反バイオ粒子砲のギミックを再現できます。

内部はガンメタに塗装済みです。

 

 

下半身のアップ。

適度に太さがあり、シルエットも綺麗です。

パーツ分割線があるのですが、ど真ん中ではなく目立ちにくい構造になっているのがいいですね。

 

赤い箇所は全て塗装、太ももの白いラインとヒザのシルバーも塗装されています。

 

 

 

 

手は握り手と開き手の2種類。

どちらも新規造形で、バイオロボとは異なる形状です。

 

 

 

 

お次は可動域について。

上半身はこんな感じ。

頭部は根本がボールジョイント接続、上部が軸可動でかなり広く動かせます。

腕は水平近くまで上がります。

ヒジは二重関節でかなり深く曲がります。

手首はボールジョイント接続です。

 

 

肩関節も非常に優秀。

腕側の可動箇所とは別に、肩関節自体もここまで上がります。

 

 

前後のせり出しもここまでできます。

やりすぎかよってくらい肩周りが優秀です。

 

 

腰関節は伸縮式のボールジョイント接続になっており、引き出せば自由に角度を変えることができます。

 

 

腰のフロントアーマーサイドアーマーはそれぞれ独立して上下に展開。

腰回りもギミック満載の構造です。

 

 

下半身の可動域について。

腰アーマーは左右に開くので、開脚はかなり優秀。

足首はかなり柔軟で、接地性も良いです。

 

 

ヒザは二重関節で、ここまで深く曲がります。。

 

 

前後も可動域もめちゃめちゃ優秀。

足首が独立して前後に回転するため、かなり深く曲げても接地性を確保できています。

こんなに優秀な足首関節、初めて見ました。

 

 

武器のバルジオンメーザー。

持ち手以外は全て塗装されています。

 

 

もう1つの武器である盾。

白い箇所は塗装ですが、緑の色分けなどはシールでの再現です。

 

 

盾は腕の2箇所に取り付け可能。

ポージングに合わせて、接続位置を変えることができます。

 

 

付属のシール。

白のラインを中心に、細かな色分けをシールで補う方式ですね。

 

 

一通り紹介が終わったので、驚異的な可動域を生かしたポージングを何枚か。

 

 

乗り手であるバイオハンター・シルバと並べて。

シルバはこちらで詳しく紹介しています。

【SHODO SUPER】バイオハンター・シルバ レビュー!!

敵陣営がこれほど立体化に恵まれているシリーズも珍しいですよね。

 

 

スーパーミニプラ・バルジオンの素組みレビューは以上です。

スーパーミニプラ戦隊シリーズ初の敵ロボの立体化。

変形・合体というギミックがそもそもなく、縛りがない分

可動域に全パラメータを振り切ったかのような脅威的な可動域で

どんなポージングも簡単にこなせてしまう強敵なロボです。

 

造形としての完成度も高く、気になる箇所はほとんどなかったですね。

脚部など、パーツ分割線が目立ちにくい構造になっており、

改修するにしても最低限の工作でカッコよく仕上がりそうです。

 

プロポーションは劇中そのままというよりは、

スーパーミニプラらしいプロポーションでバイオロボと並べても違和感のないものになっています。

 

大抵の人はスーパーミニプラ・バイオロボと戦わせると思うので、この選択は正しいと思いますねー。

バルジオンだけずんぐりむっくりじゃライバル感でないですもん。

 

プレバン限定なので、今からの入手は困難ですが、

手に取った際は是非バイオロボと戦わせてみてください!!!

(私はバイオロボ製作中のため今はできませんでした。。。泣)

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category