【スーパーミニプラ・ブラックウイング】素組みレビュー・改修箇所洗い出し!


こんばんは

体型維持はできているtomoshooです。

自粛太りはしません。

 

 

ということで今回は素組みレビュー。

紹介していくのはこちらです!!

 

 


スーパーミニプラ 超獣機神ダンクーガ

ブラックウイング


スーパーミニプラ・ダンクーガシリーズ最後の商品。

プレミアムバンダイ限定で発売されました。

 

 

イラスト部分はテカテカ、それ以外はマットな質感という気合の入ったパッケージ。

かなりかっこいいです。

 

 

反対側。

 

今回の塗装済みパーツはこんな感じ。

 

それぞれの頭部周りの塗り分けは塗装なのですが、塗り分けかなり細かいです。

組み立てたものを紹介していきます。

 

 

ファイター形態

まずはファイター形態。

大型の戦闘機です。

 

自立はできず、付属のスタンドを利用する前提となっています。

 

 

反対側から。

背面にはメカニックなディテールがびっしり。

目立つ肉抜き箇所は見当たりませんでした。

 

 

両サイドから。

開発者もこだわっていた、「変形時に生じるスキマの処理」。

各パーツがピタッと噛み合って、スキマのない一体感のあるフォルムが実現できています。

 

 

頭部のアップ。

色分けは全て塗装です。

再度のエンブレムの塗り分けとかかなり細かいです。

 

 

スタンドは専用のアタッチメントパーツを使って乗せている感じ。

左右の傾きは調節できます。

 

 

専用のスタンド。

オールクリアパーツ製です。

足の開き具合は調節可能です。

 

 

3種類のアタッチメントパーツが付属します。

全てクリアパーツですね。

 

 

専用のパーツを追加することで、

ブラックウイングだけでなく、イーグルファイターも並べて飾ることができるようになっています。

この配慮は面白いですね。

 

 

 

 

ヒューマノイド形態

変形してヒューマノイド形態に。

 

ダンクーガの時に比べて、かなりしっかりとした構造になっており

変形もしやすかったです。

 

この写真では手首を交換してますが、頭部以外は差し替え無しで変形可能。

 

 

反対側から。

背面のモールドはスミ入れ映えしそうです。

気になるとすれば、脚部の合わせ目消しくらいでしょうか。

 

 

両サイドから。

綺麗なS字立ち。

安定もしてますし、このシルエット非常に綺麗です。

 

 

頭部のアップ。

成型色はダークグレーで、色分けは全て塗装です。

 

 

上半身のアップ。

全てパーツ分割による色分け。

怒り肩のシルエットもかっこいいです。

 

 

下半身のアップ。

足先の白のみ塗装。

爪の内側まで塗装されています。

 

蛇腹のような複雑な構造で、

鳥のような逆足から綺麗に折り畳まれて人型の脚部になります。

 

 

上半身の可動域について。

頭部はボールジョイント+軸回転。

肩関節は胴体部分が上下に動きます。

腕は干渉の関係もあり水平までは上がりません。

腕にはロール軸があり、ヒジは二重関節でかなり深く曲がります。

手首はボールジョイントです。

 

 

下半身の可動域について。

開脚はここまで。かなり優秀です。

股関節は軸可動で、保持力は強いです。

 

 

ヒザは変形の恩恵もありかなり深く曲がります。

足首はボールジョイント接続で、接地性は良好です。

 

 

手首はサイズ違いで握り手が2種類(変形用、見栄え用)、開き手が1種類です。

どれも両手分付属します。

 

 

ということでポージング。

可動域がめちゃめちゃ広いわけではありませんが、

各部よく動きますし、大きな翼の角度を変えることができたりとポージングの幅は広いです。

 

専用スタンドを使ってのポージングも良く決まります。

 

 

ダンクーガと並べて。

身長差はかなりありますね。

ダンクーガはこちらで詳しく紹介しています。

【スーパーミニプラ・ダンクーガ】素組みレビュー・改修個所洗い出し!!

 

 

 

 

ファイナルダンクーガ

ダンクーガと合体して、ファイナルダンクーガに!!!

ファイター形態が足を広げて、そのまま背中にくっついた感じです。

 

 

反対側から。

合体には専用のアタッチメントパーツを使います。

大きな背負いものですが、なんとか素立ちのポージングできてます。

 

 

ファイナル断空砲

ブラックウイングの頭部が開き、完成する必殺武器も再現可能。

若干ですが、角度を前に向けることができるようになっています。

 

 

ブラックウイング内部には発射口のディテールもあります。

こちらは別パーツになっています。

 

 

付属のスタンドは、足を思いっきり開くことで角度調節も可能。

前傾姿勢でもスタンドを使うことができます。

 

 

ってことでファイナルダンクーガでポージング。

素組みレビューは以上です。

 

 

サイズ感、変形ギミックの関係もあったのかもしれないですが、

ダンクーガに比べてかなりしっかりとした構造になっており、変形もさせやすかったです。

確実に改善されているなーと感じました。

 

 

折れてしまいそうな危ない箇所もないどころか、側面のパネルの造形など

細かいところまでかなり作り込まれているなという印象でした。

 

ヒューマノイド形態はしっかりとポージングが決まりますし、

ファイター形態、ファイナルダンクーガとそれぞれスタンドが使えるのも良かったです。

プレミアムバンダイ限定ですが、是非ダンクーガと合わせて揃えて欲しいところですね。

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category