【創動】仮面ライダービルド BUILD12 レビュー!!


こんにちは

週末のほうが忙しめなtomoshooです。

やばい!!!

 

 

ということで今回はレビューです。

紹介するのはこちら!!!

 


創動 仮面ライダービルド BUILD12


創動の第12弾です。

一般販売はついにこれが最後となりますね。

プレミアムバンダイ限定のFINALはまだ予約可能です。

【創動 仮面ライダービルド BUILD FINAL】プレバンにて予約開始!即売り切れ必死か!?

 

 

創動シリーズ、最後のセット箱です。

最後はブルーのパッケージです。

 

 

反対側から。

 

側面。

 

上部。

ドラゴンの複眼多めですね笑

 

 

中にはいつものように内箱がぎっしり。

後半につれて、装動方式かなり増えましたよね。

 

 

内箱がこちら。

今回は全8種類です。

 

 

反対側から。

 

上部。

この辺りは共通デザインですね。

 

 

今回はこの4人です。

今回成型色ほとんど黒なのですが、色の情報量がすごいです。

 

 

仮面ライダービルド クローズビルドフォーム

ビルドの劇場版限定フォーム。

その名の通り、ビルドとクローズが合わさったような見た目です。

 

 

反対側から。

腰のマントが印象的です。

マントの成型色は黒で、塗装とシールで全て色分けされています。

 

 

頭部のアップ。

右側はクローズ、左側はラビットの頭部になっています。

メタリックレッド、メタリックブルーは塗装で、それ以外の色分けは全てシールです。

 

 

上半身のアップ。

ビルド側は、ラビットラビットフォームのフォルムですね。

クローズ側は、肩パットが片側のみついている変わった形状です。

ゴールドの箇所は全てシールでの再現となっています。

 

 

下半身のアップ。

マントの縁取りは全てシールでの再現、つまとラビット側の太ももは塗装で

それ以外はシールでの色分けとなっています。

 

 

武器はドリルクラッシャーが付属します。

シルバーは塗装での再現。

 

 

合体前?となる2人のライダーと並べてみました。

肩・腕・脚部とそれぞれ形状は同じですが、色分けは違うのがわかると思います。

 

 

ラビットラビットフォームと組み合わせると、

ちょっとだけゴージャスになったラビットラビットフォームになりました。

形状は同じなので違和感はないですね。

 

 

ということでアクションを何枚か。

主役らしいヒロイックなライダーです。

 

 

仮面ライダーブラッド

劇場版に登場する強敵ライダーです。

黒ベースに赤紫という配色がオシャンティ。

 

 

反対側から。

背面は肩から垂れ下がっているマントが印象的です。

マントの形状が自然でとても良いです。

 

 

マントの下側はモールドでボロボロ感が表現されています。

このマント、かなり気合入ってます。

 

 

頭部のアップ。

基本的に色分けは全てシール。

悪そうなドラゴンの複眼が目を引きます。

 

 

上半身のアップ。

胸部や腕のゴールド・ベルトの赤い箇所は塗装、それ以外はシールでの色分けです。

胸部周り、かなりカラフルですね。

 

 

下半身のアップ。

ゴールド箇所は塗装での色分け、膝や太ももの色分けはシールです。

ゴールドで縁取られたシールがいい感じ。

 

 

マントはこのように3分割されています。

両側のマントは肩アーマーに直接くっついており、中央のマントは背中に接続されています。

 

 

形状的に腕を前に動かすとおかしなフォルムになってしまうのですが、

それ以外はとても自然なポージングが可能です。

そもそも、これほど大きいマントを普通のプラで違和感なく再現したことがすごい。

 

 

劇場版2大ライダーを対峙させて。

どちらもテレビ版に登場しないのがもったいないかっこよさですよね。

 

 

 

 

仮面ライダーグレートクローズ

仮面ライダークローズの強化形態。

基本的にはクローズのマイナーチェンジ版って感じの見た目です。

 

 

反対側から。

背面は無印クローズと同じですね。

 

 

 

頭部のアップ。

額も青くなり、統一感が増しました。

複眼、額はシール、口元のゴールドは塗装です。

 

 

上半身のアップ。

肩アーマーが、エボルっぽいデザインになっています。

肩のゴールドもクローズとは違いますね。

 

 

下半身のアップ。

下半身は同じです。

 

 

大創動版クローズと並べて。

フォルム自体は同じですね。

ボトルの色も違っているのは芸が細かい。

 

 

付属品として、黒のパンドラパネルがつきます。

これでパントラパネルは4色目。

創動FINALで更に増える予定です。

 

 

さらに、キードラゴンハザードフォームのマスクパーツも付属します。

まさかハザードフォームのバリエーションがここまで増えるなんて。。。

グレートクローズはオプションパーツ多めです。

 

 

大創動クローズ、グレートクローズ、エボルドラゴンフォームを並べて。

顔の形は同じなのにバリエーション多いですね笑

 

 

仮面ライダーグリスブリザード

仮面ライダーグリスの強化形態。

全身のメタリック塗装と、ヒビが入ったような模様が最高にかっこいいです。

 

 

反対側から。

脚部のシールが全面のみで、背面には無いのがちょっとだけ気になりました。

とはいえ、他のシール箇所が増えたから仕方ないですね。

 

 

頭部のアップ。

頭部は透明な軟質パーツで、全て塗装済み。

メタリックスカイブルーの色味最高にかっこいいです。

 

 

上半身のアップ。

胸部のみ軟質パーツで色分けは全てシール。それ以外はABSです。

成型色については、アームの腕のみ水色になっており、少し色味が明るいです。

基本的にはメタリックの塗装での色分けですが、ヒビの入った模様の箇所はシールになっています。

 

 

下半身のアップ。

足先のみ塗装で、それ以外はシールでの色分けとなっています。

 

 

無印グリスと並べて。

上半身の形状は腕以外同じですが、全体のひび割れ模様で印象はかなり違って見えます。

脚部は、より太いシルエットになりました。

 

 

腕は、フェニックスロボフォームの腕と共通です。

これは特に意味はないみたいですね。

 

 

武器のグリスブリザードナックル。

色分けはシールです。

 

 

ということでポージング。

色が本当に良いですし、ド派手なアームがついているので

本当に写真映えします。

 

今回1番お気に入りのライダーですね。

 

 

最後はサムネで。

紹介は以上です。

 

ついに一般販売の最終弾となった今回のBUILD12。

2人の劇場版限定ライダーは安定のかっこよさですし、

グリスブリザードの完成度の高さは圧巻です。

装動ジオーの情報も公開されましたし、

ついにライダーも広大するのだなーと改めて感じさせられましたね。

 

 

残すはFINALのみ!!!

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category