【Peak Design】もう戻れない。使ってみて感じたピークデザイン・キャプチャーの凄さ。


こんばんは

まだまだ準備は終わらないtomoshooです。

いろんなこと試したいんです。

 

 

ということで今回はアイテム紹介。

来週の創動オフ会に向けて、どんどんアイテムが揃ってきつつあります。

 

今回紹介するのはこちら。

 


PeakDsign

 capture & pro pad


クラウドファンディングで一躍有名となった

カリフォルニアにある“ピークデザイン”から発売されている

「キャプチャー」「プロパッド」という商品です。

知る人ぞ知る、超絶便利カメラアイテムです。

約1ヶ月ほど前に購入ししばらく使ってみて、

むちゃくちゃ良かったので紹介していこうと思います。

 

 

そもそもこのカメラグッズを購入しようと思ったのは、

過去のオフ会での経験からなのです。

 

 

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、私は過去数回オフ会を主催してきました。

【イベントレポート】第3回関東ミニプラオフ会、過去最大規模&大盛り上がりでした!!

【イベントレポート】第1回関西ミニプラオフ会大成功!何から何まで最高でした!!

オフ会での私の役割としては、

司会進行、タイムマネージャー、会場設営、会費回収、参加者との交流に加え

上記のイベントレポートの為に撮影をする必要があるのですが。。。

 

 

とにかく忙しんです!!!!!

 

 

お金集めたり、時間を気にしたりしながら

毎回カメラを取り出して撮影したりしまったりをしてました。

 

 

そんな私にとって、このアイテムが救いの手を差し伸べてくれたのです。

前置きはこのくらいにしておいて、詳しく紹介していきます。

 


capture

camera clip


まずは、キャプチャーというアイテム。

ピークデザインの名を一躍世間に知らしめたアイテムで、

このキャプチャーは既に3世代目のデザインです。

パッケージにすごくわかりやすい使い方の写真がのっています。

 

 

反対側にも使用例の写真。

パッケージを見てわかる通り、このキャプチャーを使うことで

カメラを色々なところに取り付けることができ、撮りたいときにサッと取れるんです。

 

 

中身はこうなってます。

カラーはブラックとシルバーの2色。

私はもちろんブラックを選びました。

 

 

付属品一覧はこちら。

専用の袋、キャプチャー本体、ネジの替えと、カメラ側に取り付けるカメラプレート、カメラプレート取り付け用の六角レンチです。

 

 

こちらがキャプチャー本体。

マットな質感のブラックです。

中央にはピークデザインのロゴ。

 

 

両端のネジを緩めると開きます。

内側はゴム素材になっており、滑りにくくなっています。

 

 

こちらがカメラプレート。

カメラのと接続面はゴム素材になっています。

アルカスイス互換で、他製品との接続にも使えます。

 

 

反対側はこうなっています。

6角レンチがないと取り付けられないのは、少し面倒です。

 

 


キャプチャーの利用イメージ


実際にどのように使って、何が便利なのか説明していきます。

 

まずはカメラプレートをカメラに取り付けます。

六角レンチできっちり固定させます。

 

 

あとは、キャプチャー本体を保持させたい箇所に取り付けるだけです。

例えばリュックのたすきの箇所。

両側のネジできっちり固定させます。

 

 

そしてリュックを背負ってみるとこんな感じ。

ちょうど胸の箇所にくるようにすると良いです。

本体は薄く突起もないので、取り付けて違和感は全くありません。

 

 

あとは、カメラを上からスライドさせるように装着させるだけです。

ガシャッと上からスライドさせるだけで、ガッチリロックされます。

戦隊やライダーの変身ベルトのような感触で、男心をくすぐります。

 

特撮好きの皆様なら、このガジェットを取り付けた時のワクワク感

きっとわかると思います。

 

このおかげで、カメラを使わないときは両手が空き

使いたい時だけサッと取り出して使うことができるんです!!!

 

 

 

 


pro pad


今回併せて購入したのが、プロパッドというアイテム。

キャプチャー専用の拡張アイテムです。

これは何かというと、ベルトに取り付けることで

重いカメラでもより安定して取り付けることができるんです。

 

 

しかも、キャプチャーでプロパッドを挟むので、ベルトやリュックの紐を傷つけないというメリットもあります。

プロパッドもパッケージ写真が使用例をわかりやすく示しています。

 

 

こちらが本体。

チャコールのカラーリングで、シンプルなデザインです。

 

 

ぱかっと開くと、キャプチャーを固定するための使い方が書いてあります。

文字を必要としない使い方説明、グローバルですよね。

 

 

こんな感じでキャプチャーを取り付けます。

なかなか統一感のあるデザインで良いです。

 

 

これをベルトに挟み込むように装着することで。。。

ベルトを傷つけることなくカメラを腰に装着できるんです!!!!

しかも腰につけると、めちゃくちゃ安定します。

 

 

レンズは下を向いた状態で固定されるので、埃も入りにくくなっています。

私がこれを購入したのは約1ヶ月前。

先日一泊二日の旅行に出かけた際にこれを使ってみたのですが。。。

 

 

 

マジで大活躍でした。

これあるだけで旅の満足度が2倍くらいになります。

 

 

 

私カメラを首から下げるのがすごく嫌いな人で、

以前は毎回カバンから取り出して撮影して、

終わったらまたカバンにしまってを繰り返していました。

 

更に旅行中って、パンフレット持ったり食べ歩きしたり、スマホで場所検索したりと

何かと手が塞がることが多いんですよね。

 

次第にカメラを取り出すのが面倒になって、

まあいいかとシャッターチャンスをみすみす逃していたんですね。

 

 

ですがこのアイテムのおかげで、写真撮りたいときに

手ぶらの状態から2秒でいきなりカメラ構えられるんです。

 

 

実際に使ってみて本当に良かったので、オフ会の撮影時にももちろん使っていきたいと思います。

 

 

PeakDesign、キャプチャーの他にも様々なカメラグッズを出しています。

どれも目の付け所や使いやすさ、そしてデザインが素晴らしく

いつか使ってみたいものばかりなんです。

 

 

プロも多数使用しているキャプチャー、

今回実際に使ってみて、改めてすごさを実感しましたね。

 

旅行に行く機会がある方は是非購入を検討してほしい。

帰ってきたときの満足度、そして写真の枚数が全然変わってきます。

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category